本文へジャンプ

※ ご入力いただいたお客様の個人情報は、
暗号化され保護されます。

知財帳票業務自動化ソリューション(RPA+OCR)

定型業務を行なうソフトウェアロボットと東芝の文字認識(OCR)を
組み合わせることで自動化が難しかった帳票を扱う業務に対応!業務効率化を実現!

課題

  • 紙で届く請求書や海外出願書類(カバーレター含む)を特許管理システムに登録するのが大変、
    転記ミスも減らしたい
知財帳票業務自動化ソリューション(RPA+OCR)が
解決します!

特長

RPAで帳票を扱うには、文字認識(OCR)が必須!
東芝は3つの特長で、RPAロボットが利用できるよう、OCR連携を最適化
将来的には手書き文字にも対応を予定!

読取項目を簡単に設定
  • 今までのOCRのように複雑な読取項目の設計・設定不要
    東芝の文字認識サービスなら読取項目を設定するだけ
  • さらに、項目の文字種別を指定することができ、“1”(数字)と “l”(英語)などの紛らわしい文字を正確に認識可能
幅広い入力ファイル形式に対応
  • PDF(非圧縮)や画像ファイル(JPEG,TIFF)に対応
  • MFPでスキャンした帳票も利用可能
50年のOCRに関する実績と今後の拡張
  • 1967年の郵便区分機の時代から、文字認識に関する技術・ノウハウを蓄積
  • 東芝の豊富なナレッジで帳票読取をサポート
  • さらに、AIによる学習で帳票を自動判別させるなどの拡張を予定

※ 別途有償オプション

RPAツール+導入支援サービス 導入前 導入後

イメージをクリックすると拡大します

主な利用シーン

カバーレターの読み込み
  • 海外出願書類のカバーレターから項目を読取り、知財管理サービスで案件を検索、期限等を転記し書類を登録するまでの作業を自動化

【RPA導入前】

主な利用シーン

イメージをクリックすると拡大します

【RPA導入後】

主な利用シーン

イメージをクリックすると拡大します

お気軽に特許業務ソリューション担当まで

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。