本文へジャンプ

システムエンジニア(開発・構築)

プロトタイピングで、さらに優れた機械学習システムを生み出す

事業化するための道筋を切り開く、やり甲斐を感じる日々

私の業務は、「ワクワクを社会に反映する第一歩」を築くことです。具体的には、当社のソフトウェアAIテクノロジーセンターや東芝グループ内の各研究所と連携し、機械学習によって社会の課題を解決するシステムのプロトタイピングを行っています。そして実証実験により得られたノウハウを横展開し機械学習システムに反映することで、より確実に、より効果的に作り上げるための業務プロセスの標準化活動を行っています。

プロトタイピングを行う際、必要なデータが不足している場合の対応や可視化の手段、計算アルゴリズムの適用方法など、机上では分からなかった課題が見えることが数多くあります。この課題を解決するために、各研究所に問い合わせてアイデアを聞き出したり、インターネットで公開されている技術記事や社内の過去事例を調べ、ノウハウを蓄積しながら、解釈・実装しています。こうして作り上げられた機械学習システムが、事業化するための道筋を切り開くことに、とてもやり甲斐を感じています。

知識も技術も、自分にしかない武器を持つことが目標

私の目標は、「自分の武器を持つ」ことです。ある特定の技術分野において、深い知識と確かな技術を身につけ、社内/社外から一目置かれ、「是非あなたにお願いしたい」と言われるようなエンジニアに成長することを目指して、日々精進しています。

就職活動のアドバイス

思いがけず悩みこんでしまったときは、家族、友人、先輩など信頼できる身近な人に打ち明けてみましょう。他人に打ち明けるということは、心の声を言葉にするということです。言葉にするためには、頭を整理することが必要です。さまざまな方との対話の過程で、今まで見えていなかったことが見えることもあるでしょう。一度視野をリセットして、クリアな思考回路で自分が真にやりたいことを言葉にできればきっと上手くいくと思います。

ある1日のスケジュール

08:30
出社・メールチェック
09:00
機械学習システムのプロトタイピング
09:30
技術調査
10:00
特許出願に関する打合せ
12:00
昼食
13:00
機械学習技術の横展開に関する打合せ
14:00
ソフトウェアAIテクノロジーセンターとの会議
15:00
朝作成したシステムの結果確認と考察
15:30
新規手法の試行
17:30
退社
「※掲載されている部署名などは、2019年3月現在のものです。」