本文へジャンプ

システムエンジニア(ICTインフラ・組込み)

社会を支えるシステムに、大きなミスは許されない

発生しうる問題を予測し、ミスを最小限に抑える

私は現在、①サーバー構築・ストレージのリプレース ②保険会社の保守業務 ③Generalistという人事・給与のパッケージシステムの環境構築・保守業務という三つの業務に携わっています。いずれも社会を支えるシステムですが、その中でもGeneralistは、日本企業の実務に即したパッケージとして、全国の多くの企業の方にご利用いただいています。人事異動や組織異動の発生時、みなさまのお給料が支払われる給料日や、年末調整等で使用されるシステムなので、身近で携わっている仕事が活きていると実感します。

全国に出張へ赴き、客先やデータセンター、マシン室等の現地で作業をすると、社内にいるだけでは感じ取れない現場の空気を味わえます。

社会を支えるシステムを扱っているだけに、影響度が大きいミスをすることは絶対に許されません。そのために、発生しうる問題を出来る限り事前に想定しておき、現地作業手順書に解決策を記載した上で現地入りするようにしています。作業内容も、ブレイクダウンすることで、現地でのミスを防ぐようにします。

また、作業前にはなるべく事前にリハーサルを行い、本番での手順確認、本番時に発生する問題の事前チェックをするようにしています。説明が上手く伝わらないことを防ぐために、資料準備は徹底することを心がけています。

今まで支えてくれた人に、恩返しをしたい

プライベートなことですが、今年結婚したので、妻をこれからも大事にし、幸せな家庭を築いていきたいです。今の私がいるのは両親や職場のみなさま、今まで関わらせていただいたみなさまの支えがあったからです。これからも努力を重ね、恩返しをしていくことが目標です。

就職活動のアドバイス

自分が将来どのような人物になりたいのか、どのようなことに携わっていきたいのか、どのような職種に付きたいのか。を今一度整理して自分の中で落とし込んでみてください。(その際に憧れの人物像がいると想像しやすくてよいと思います。)

相手に伝える際には、まずは自分が一番理解していないといけないのでこの作業はとても大事だと思います。

自己分析等でまずは自分を理解し、目標はどこでどうすれば近づけるのか、そのための手段として就職活動を活かしてほしいです。

あと私の場合はですが就職活動中、周りの方々に助けて頂いていることをあまりわかっていなかったため、みなさんには自分だけではなく周りにも少し目を配ってみてほしいです。

ある1日のスケジュール

08:30
出社 朝礼、メールチェック、本日のスケジュール確認
09:00
設計書/手順書/試験仕様書の作成
10:30
保守作業:システム稼働確認
11:30
部内委員会活動
12:00
社員食堂で同期と昼食
13:00
定例ミーティング
14:00
作成した設計書/手順書/試験仕様書のレビュー
15:00
レビュー指摘事項の反映、議事録作成
16:30
監視報告、問い合わせ対応など
18:30
工程表の確認/更新
19:15
退社
「※掲載されている部署名などは、2018年3月現在のものです。」