本文へジャンプ

システムエンジニア(コンサルティング・提案)

高齢化を支える介護系業務パッケージを広めたい

社会問題解決を担うソリューション事業

官公庁・自治体向けの事業部で、全国で50団体以上の地方自治体に利用されている介護系の業務パッケージを担当しており、主に新規顧客獲得に向けた提案活動や、機能強化案の企画検討/要件定義、既存顧客の運用保守など幅広くサポートしています。

高齢化に伴い需要度も増しており、介護という社会問題の解決のための一役を担うシステムに携われていることは大変有意義に感じていますし、国民の生活を支えることに貢献できているのではないかと考えています。

長年培った実績がありますが、お客さまごとに要求機能や重視するポイントは異なってきます。新期提案時には、お客さまの現状の課題と運用方法のヒアリングをしっかりと把握できるまで行い、カスタマイズやオプション機能を加えることで、最適な提案が行えるように心掛けています。

お客さまが全国にいることから、各支社店との連携は頻繁に行うように心掛けています。TV会議による打合せを定期的に実施し、なるべく対面に近い形でコミュニケーションを取るようにしています。お客さまにはできる限り足を運び、直接お話しするようにしています。出張は多い方です。普段と異なる土地の空気が吸えることは新鮮で、その土地のおいしいものが食べられたり、文化を知ることで新しい発見があったりするので楽しいです。

講演にチャレンジして知った仕事の充実感

自ら積極的に取り組むことに対しては、周りの人たちも積極的に支援してくれます。昨年開催された地方自治情報化推進フェアで、弊社のAI技術を活用した自治体業務の改善についての講演を行いました。初めての試みでしたので、講演に向けての準備には大変苦労しましたが、社外や他部門の方など、多くの関係者の方に支援してもらいながら進めることができました。また、この講演をきっかけに、新規ビジネスに繋げることができ、仕事のやりがいと充実感を味わうことができ、今後も色々なことに挑戦していきたいと思いました。

就職活動のアドバイス

ある程度ホームページやパンフレットの情報から仕事内容をイメージすることはできます。しかし、私の場合は実際の仕事の内容や職場(会社)の雰囲気は先輩社員からの話を聞くことにしました。それが一番仕事のイメージが湧きやすかったので、就職活動中の皆さんにも、極力先輩社員との対話会のケースがあれば参加することをお勧めします。また、学生時代に身に付けた自分にしかできないことや経験していないことの長所を会社でどう活かせ、活躍できるかを具体的にアピールできるかが面接では大事なことかと思います。

ある1日のスケジュール

08:30
メールチェック、勤務時刻登録等の事務作業
09:00
営業と打合せ資料の確認
11:00
客先へ移動(途中昼食含む)
13:00
客先とリプレースに関する打合せ
16:00
帰社、客先質問事項確認
17:00
新規案件提案書作成
19:00
退社(職場の仲間と飲み会)
「※掲載されている部署名などは、2018年3月現在のものです。」