本文へジャンプ

研究開発(IoT・AI・セキュリティ)

目標は、AIによる社会変革の一助になること

ディープラーニングを活用し、顧客の課題を解決する

AIによる業務効率改善と生産性向上が叫ばれていますが、ディープラーニングを軸に、機械学習を活用して課題を解決することが私の仕事です。当社のアナリティクスAI 「SATLYS」のコア技術開発からビジネス適用まで、業務は多岐に渡ります。コンサルティングの段階から研究者としてプロジェクトに参画し、最新のAI技術動向をウォッチしながら、最適なソリューションを提供するのが私の役割です。

AI・機械学習の導入は、人とコンピュータが協調した新しい業務体型を提供することで、それこそが大きな課題ともなります。既に一部の分野で人間を超えているAIの可能性と限界を正しく理解してもらい、現場にコミットする形で先進的な基礎研究をアプリケーションへと昇華させる必要があります。私の所属先では、現場からのトップダウンと研究のボトムアップのギャップを埋める取り組みが求められています。

若手でも面白いと思うことに果敢に挑戦できる

私のような仕事が社会に活きるフェイズは、AIがより身近な存在になるこれからの時代ですが、人々の生活や働き方を今の私達の力で変革させていかなくてはいけません。もちろん全ての研究分野に共通することですが、答えがまだ存在しないこと自体が最も難しく、面白い点です。今はそうした面白いビジネス課題が次々に降ってくる状況で、これほどやりがいのある仕事もなかなかありません。

当社ではAIによるデジタルトランスフォーメーションの加速を今まさに推進しており、先進的な研究開発に非常に積極的ですので、若手でも面白いと思うことに果敢に挑戦できます。いつか自分の作った便利なサービスの恩恵に自ら預かるのが夢です。

就職活動のアドバイス

広範な事業領域を持ち、様々な分野のお客さまとのパートナーシップを持つ東芝グループにいることで、ありとあらゆる非常に面白いデータに日々触れることが出来ます。さらに世界で誰も触れたことが無いそのユニークなデータから広がる研究には、自分の努力次第で無限の可能性があります。
ここで働く人間に求められるものは、自由な発想と瞬発力、論理的思考力、人と信頼関係を築き、研究を魅力的に発信できるコミュニケーション能力です。何か1つでも自分の武器を持ち、それで世界一になりたいという意欲がある人材ほど輝ける場所です。

ある1日のスケジュール

08:30
メールチェック・最新の論文確認
09:30
前日からの続きで実験プログラムのコーディング
11:00
進捗報告のミーティング
11:30
実験プログラムのデバッグと実行
12:15
昼食
13:15
営業・SEを交えて顧客案件の打ち合わせ
14:00
技術論文を通読
15:30
顧客データ分析・報告資料の作成
17:15
退社
「※掲載されている部署名などは、2018年3月現在のものです。」