本文へジャンプ

システムエンジニア(ICTインフラ・組込み)

エネルギー循環都市を支えるエネルギー管理システム

熾烈な開発競争の中で、難しい品質とスピードのトレードオフ

資源少国である日本でエネルギーの安定供給を図るために、エネルギー管理システム(EMS)の普及が政策主導で進められており、蓄電池などのエネルギー機器や、これらを遠隔から監視/制御するシステムを各社開発しています。

当社は横浜スマートシティープロジェクトに代表されるEMSの事業化を進めており、そこで使われているフィールドに設置されるゲートウェイ装置及び、ゲートウェイ装置内で動作するエネルギー機器を監視/制御するコントローラアプリケーションの開発を担当しています。

この分野は各社で熾烈な開発競争が行われており、開発・改善にスピードを求められますが、品質を落とすわけにはいきません。そこのトレードオフが非常に難しいのです。

この事業を進めることで、防災性・環境性・経済性に優れたエネルギー循環都市、近代的な社会の創造に、我々の仕事を活かすことができます。開発してきたソフト/ハードウェアが設置され、クラウドからフィールドに対する制御・監視の現場を見る瞬間、この仕事をしていて良かったと感じます。

目指すは得意分野を持つフルスタックエンジニア

職場はIoTシステムを開発する部門なので、さまざまなスキルセットを持った人が混在しています。新しいものを取り入れ、イノベーションを起こそうという雰囲気があるので、技術者にとって刺激のある環境です。

多種多様なプロダクトやOSSが世の中に出ており、これらを組み合わせることで少人数でも巨大システムを構築できる時代です。一人ひとりの守備範囲を広げて、少人数で開発を進めていく必要があります。このような時代の中で自らを差別化するために、幅広い分野をカバーしつつ、チームをリードしていくことが出来る得意分野を持ったエンジニアを目指しています。

就職活動のアドバイス

「論理的に物事を伝えるよう心がける」
入社してからも自らのアイディアをPRする等、就職活動と似た場面が多々あります。そこでは、論理的物事を説明する力が必要となってきます。就職活動はその力を養う良い場だと思うので是非活用してください。

「What's In It For Meを意識して自己PRを行う」
あなたを採用することで得られる利益を伝えられるよう自己分析を行ってください。

ある1日のスケジュール

08:30
メールチェック、スケジュールの確認
09:00
ソフトウェアの実装
12:00
昼食
13:00
プロジェクトの定例ミーティング
14:00
コードレビュー
17:00
ソフトウェアの検査
19:15
退社
「※掲載されている部署名などは、2018年3月現在のものです。」