本文へジャンプ

Edge-oriented IoT SmartEDA®Cloud Service

活用シーン

SmartEDAの機能特長を活かした活用例

活用例01:異常検知&通信コスト削減
通信最適化機能で、製造設備のデータを低コストで送信。現場ではセンサーデータの微細なブレも検知して即時にパトランプを点灯。
製造ラインでの活用イメージ
(※1)想定条件
  • ●センサーデータ (1件8バイト、頻度100件/秒)
     8×100×3600=28.8メガバイト/時
  • ●WECOステータス (1件1バイト、頻度6件/分)
     1×6×60=360バイト/時
活用例02:遠隔保守
機器に適したファームウェアをダウンロード。
不使用時間に合わせて自動更新。
遠隔保守での活用イメージ
活用例03:即時制御
現場最適型機能で、作物の育成に必要な光量を自動調整。不良苗を減らして収穫量をアップ。
即時制御での活用イメージ

こんな活用もできます

<店舗で>
チェーン店の店舗状況をリアルタイムで把握
各店舗に設置したセンサーからの情報を可視化し、店舗の状況をリアルタイムに把握。
欠品の検知や、混雑度に応じた応援の判断、防犯などに活用できます。
<医療で>
医療機器の監視・予防保全
医療機器の稼働を監視し、障害に結びつく兆候や微細な異常を検知。
障害に先回りしたプロアクティブなサポートを遠隔操作で実行することができます。
<物流で>
物流の効率化
トラックの現在位置や貨物の状態(温度、積載量)などを把握。
交通事故などの情報をクラウドから各車にフィードバック。配送リスクの低減を効率的にサポートします。

  • ※SmartEDAは東芝デジタルソリューションズ株式会社の登録商標です。
  • ※その他、本サイトに記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。
  • ※本サイトの内容は、予告なく変更する場合があります。
  • ※本サイトに表記されている数値および表現は2019年 2月18日現在のものです。
スマホでIoT ifLinkサイトにリンク
SPINEX(IoT)サイトにリンク

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。