本文へジャンプ
東芝採用ページへ
コミュニケーションAI RECAIUS(RECAIUS)を支える5つの技術コミュニケーションAI RECAIUS(RECAIUS)を支える5つの技術
NEXT CONTENTS
Technology 01Technology 01
icon 01

音声認識

人の発話をテキストに変換する技術です。東芝は先進のディープラーニング手法により話し言葉の認識に優れた技術を有しており、さらに、少量のデータから高精度な辞書を作成することで、高度な認識性能を発揮します。

Technology 02Technology 02
icon 02

音声合成

多様な話者と感情表現で、テキストを音声化する技術です。声の調子をカスタマイズしたりリズムやイントネーションなどの調整を行うことで、より自然な音声を作り上げることを可能にします。さらに生の声を収録・学習させることで、声優やオリジナルの声から合成音を生成することも可能です。

Technology 03Technology 03
icon 03

音声対話

音声認識、音声合成技術をベースに、お客さまからの電話に自由発話で自動応答したりスマートフォンと会話した内容から対話シナリオを自動生成し、報告業務を支援する技術です。

Technology 04Technology 04
icon 04

信号処理

ビームフォーミングやノイスキャンセリング等の技術を用い、入力された音声信号に対し処理を施します。音声認識向上に、欠くことのできない技術です。

Technology 05Technology 05
icon 05

知識処理

テキスト解析・センサデータをベースに現状を認識し、事例を分析して体系化。知見として蓄積されたデータから類似事例を絞り込み、ヒントを提示し業務支援する技術です。

至るところで活用される東芝のAI技術。RECAIUS(リカイアス)は、音声や映像から人の発話や行動の意図・状況を理解し、暮らしや仕事のさまざまなシーンで人を支援するコミュニケーションAIです。
東芝の2つのAI技術
NEXT CONTENTS
枠
イメージ写真

ものづくりの現場

特定のワードを設定・反応することで、スイッチを押さなくても「声で操作できる機器」が、ものづくりのシーンで大活躍しています。製造現場以外にも、モバイル機器、AIスピーカー、家電、車載機器など、声を発することで機能する、暮らしに身近な電子デバイスにも採用されています。

枠
イメージ写真

コンタクトセンター

お客さまとの会話、メール、書類、ウェブなど、さまざまなデータを収集・整理し、「知識」として蓄積しビジネスに活用されています。また、お客さまとの音声会話をリアルタイムにテキスト化・見える化することで、管理者がオペレーターの状況を把握し、適切なサポートを行い、問題の早期解決や作業の効率化に貢献しています。

枠
イメージ写真

サービス・接客

現場での作業者がスマートフォンに話すだけで、必要な情報を収集し、保守点検、警備、訪問営業、接客業務などのさまざまなフィールド業務に活用されています。また、人により違う言い回しを理解してスムーズな自動応答を実現し、業務効率化を支援しています。

枠
イメージ写真

マスコミ・エンタメ

老若男女の多様な話者と、「喜び」「怒り」「哀しみ」「恐れ」「優しさ」の組み合わせて、さまざまな感情表現でテキストを音声化。新聞の読み上げサービスやさまざまなコンテンツのナレーションに活用されています。

  • *RECAIUS、DaisyRings、ToSpeakは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
  • *その他、本サイトに記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。
  • *本サイトの内容は、予告なく変更する場合があります。
  • *このページではJavaScriptを使用している部分があります。お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合、もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。