本文へジャンプ

導入事例

LotViewerは製造業の様々な工程に適用することができます。

  • 半導体・液晶などの生産ライン
  • 組立加工を行うディスクリートな生産ライン(電子部品等)
  • ロット単位に製品を流して情報管理する生産ライン
  • 実績入力を作業者が行う生産ライン
  • 装置を使用して製造や検査を行う生産ライン

A社様導入事例

導入の効果

導入前は、作業指示、作業実績は帳票管理し、ラベルをロットに添付して運用していましたがLotViewer導入によりペーパーレスだけでなく、在庫情報の見える化、歩留まり向上、装置稼働状況のモニタリングによる設備稼働率の向上を実現しました。

製造ラインの現場では、仕様変更や、廉価版作成といった工程の変更により、加工ミスや、必要な工程が抜けることもあります。また帳票による紙ベースのロット管理では、不良品発生が事後に発見される場合もあります。しかしLotViewer導入により製造工程の変更にも柔軟に対応し、装置稼働状況や在庫情報の見える化を実現、リアルタイムに品質情報を監視することが可能となり、さらに製造ラインの歩留まり向上しました(不良品発生率の低減)。

製造工程A導入効果

様々な運用環境に適応できます。

LotViewerには各種端末サービス、Webサービス、ロットトレーサビリティ情報のリアルタイムサービスなどがございます。またグローバルな製造環境において、言語の切り替えが可能です。

B社様導入事例

導入の効果

導入前は、客先が管理するサーバにある部材情報や検査データなど迅速な情報収集ができませんでした。LotViewer導入により、製造ラインの工程進捗、検査データ、部材、保全、製造加工フローのマスタなどの各種情報を一元管理、リアルタイムに情報収集することにより、様々な製造ラインのコントロールが迅速に対応できるようになりました。そのほかハンディーターミナル(BHT)でのサービス提供により、製造現場での情報入力が簡単になり、情報入力のための移動がなくなったため、作業時間の短縮につながり、業務効率が改善されました。

製造ラインにおいて検査装置からの品質情報収集、客先管理サーバと連携した部材情報の管理、品質情報の管理など、LotViewerは製造現場の様々なシーンをつないで「見える化」を実現します。イントラネット経由での各種帳票サービス、ラベルサービスや各種端末Webサービスを提供しています。

製造工程B導入効果

オプションについて

B社様事例のほかに、SPC(Statistical Process Control)管理オプション導入例がございます。SPCは品質情報を監視し、情報の傾向分析を行い製品や装置の異常傾向を検出します。異常傾向検出時には、メール配信(パソコン、携帯電話)・ロット拘束・装置拘束を行います。

関連サービス

Asprova連携 汎用生産スケジュールソリューションとの連携

生産性向上のために、歩留まり改善アセスメントサービス

関連ソリューションご紹介

装置オンライン QuickOnline

レシピ管理システム RecipeWizard

次世代ものづくりソリューショントップへ

Meister シリーズトップへ

MESソリューション Meister MES Industrie4.0を見据えた次世代ものづくりを実現

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。