本文へジャンプ

Go Faster, Go BIGGER

マスコット

様々なモノが相互につながるIoT(Internet of Things)。 そこで生成される膨大な量のデータを把握・分析し、リアルタイムに活用することができれば、新しい価値を持つビジネスや社会、生活の創造につながります。製品やサービス、業務プロセスの改善・拡張につながるこれらのデータを、企業が効果的に活用するためには、膨大かつ高頻度に発生する多種多様なデータ (煩雑なビッグデータ) を効率的に扱うための新しいアプローチが必要になります。
GridDBは、多くの企業が直面するこれらの課題に応える、東芝が提供する新しいコンセプトとテクノロジーのスケールアウト型分散データベースです。GridDBは、IoTに適したデータ格納モデルをはじめ、高い性能、高い拡張性、高い信頼性と可用性、それと使いやすさを提供します。

Product Image
mascot

製品体系

製品体系は、以下のページからご覧になれます。

製品体系ページへ

mascot01IoT指向モデル

キーコンテナキーコンテナ型データモデル

キーバリュー型を発展させた、コンテナというRDBのテーブルに相当する器にデータを格納するGridDB独自のキーコンテナ型データモデルを採用。
RDBと同様の感覚でスキーマ定義やデータ設計ができるため、他のNoSQL型データベースに比べデータモデリングが容易です。一般用途のための「コレクションコンテナ」と、時系列データ管理のための「時系列コンテナ」が用意され、時系列コンテナは、IoTにおいて発生するタイムスタンプに関連付けられたデータの管理に適しています。

アルゴリズム時系列データ配置アルゴリズム

高頻度で発生するセンサーデータの管理に備えて、メモリを最大限有効利用する独自の時系列データ配置技術(TDPA:Time Series Data Placement Algorithm)を採用。
時系列コンテナでは、内部データを周期性で分類しながらメモリ配置し、必要に応じてデータをディスクに追い出しながら、ほぼゼロコストで有効期限切れのデータを解放しています。

IoT指向モデル
高い処理能力

mascot02高い処理能力

データベースインメモリ指向型アーキテクチャ

従来のDBMSではI/Oがボトルネックとなり、CPUが十分な性能を発揮できていませんでした。GridDBは「メモリが主、ストレージが従」という構造で、頻繁にアクセスされる主要なデータをメモリに格納し、それ以外をディスク(SSDやHDD)に渡すことでこのボトルネックを克服しました。

コストダウンオーバーヘッドの削減

ロックや同期に起因して、マルチスレッド処理では操作や通信のオーバーヘッドが発生します。GridDBは、それぞれのCPUコア/スレッドへ、占有するメモリとDBファイルを割り当てることによって、オーバーヘッドを排除します。その結果、実行時間が短縮され、より高いパフォーマンスを実現しています。

パラレル並列に処理

ノード内、ノード間で並列に処理することで高速化を実現しています。ノード間の並列処理は、大きなデータセットを複数ノードに分散配置することによって行われます(パーティショニング)。イベント駆動型の処理エンジンにより、リソースの消費量を抑えつつも複数のリクエストを並列処理することが可能になります。

mascot03柔軟な拡張性

自動自律データ再配置技術

独自開発した自律データ再配置技術(ADDA:Autonomous Data Distribution Algorithm)により、DBサーバ間のデータ配置やデータ複製を決定することで、クライアントとDBサーバの間に位置する管理サーバや仲介サーバ等を取り除くことができました。その結果、通信やデータ変換処理などのコストが大幅に削減され、高いデータ一貫性や可用性、高いパフォーマンスを同時に実現しています。

サーバーコモディティハードウェア

GridDBは、コモディティハードウェアを用いながらも、パフォーマンスを維持しつつスケールアウトします。GridDB は、膨大なデータ処理にスケールアウト型データベースを利用したいが、データの一貫性も維持したいというニーズに、トレードオフのないメリットを提供します。

自律データ再配置技術
強い信頼感

mascot04強い信頼感

ハイブリッドハイブリッド型クラスタ管理方式

マスタースレーブ型とピアツーピア型双方の欠点を克服し、また利点を合わせ持ったハイブリッド型クラスタ管理方式を採用。GridDBはノード間で自動的にマスタノードを決定、そしてマスタノードに障害が発生した場合は、処理を損なうことなく継続し、新たなマスタを自動で直ちに指定します。

分けられない単一障害点およびスプリットブレインの完全排除

管理サーバがクラスタ内に存在せず、単一障害点(SPOF)を完全排除。ノード過半数を占めたサブクラスタのみがサービス可能となるクオーラムポリシーにより、スプリットブレインを完全排除しています。

mascot05使い勝手抜群

NoSQLとSQLのデュアルインターフェイスNoSQLとSQLのデュアルインターフェイス

キーバリュー高速性とSQLの利便性とをシームレスに利用するためにNoSQL(キーバリュー型)とSQLのインターフェースと分析や集計にはSQLインターフェスと完備。
データ登録には高速なNoSQLインターフェースを、集計や分析、他システムとの連携には有用な機能が多いSQLインターフェースを使うことで、双方の長所を有効活用できます。

長期アーカイブ長期アーカイブ

稼働しているデータベース全体に負荷を与えることなく、長期保存が必要なデータを外部のアーカイブファイルに保存することが可能です。これにより、データベースの容量削減とデータの長期保存の両立を実現します。

使い勝手抜群