本文へジャンプ

一歩進んだ業務自動化 文字認識クラウドサービス

その他の機能

帳票識別機能

帳票内の場所、用語を登録することで帳票を識別することができます。複数の帳票が混在した状態でも仕分けして読み取ることが可能です。
帳票ごとに専用の帳票IDフィールド(識別するための目印)を決めておき、そのフィールドの認識結果により、使用する帳票定義を自動で指定します。

帳票識別機能のイメージ

Point1帳票IDフィールドは1帳票に3つまで指定可能

帳票IDフィールドは1帳票に3つまで指定可能のイメージ

Point2識別設定は、わずか3プロセス!

識別設定は、わずか3プロセス!のイメージ

Point3全テキスト読み取りモードで帳票の文字を認識し、識別フィールドとして追加

全テキスト出力モードで帳票の文字を認識し、識別フィールドとして追加のイメージ

個別辞書利用

医療など産業・業界固有で利用される用語をクラウド側に登録し、文字認識過程で照合処理に利用することが可能です。複雑な文字や難解な言葉も個別辞書から優先して認識結果を照合することが可能になりました。

個別辞書利用のイメージ

帳票識別API

帳票識別機能がAPIを介して利用可能となりました。多様な帳票が混在した状態から仕分けをすることなく文字認識を行いたい場合、従来は専用のWeb画面で帳票識別設定を行った上で文字認識機能を利用していただいていましたが、今回APIを介して利用可能です。識別対象イメージファイルと識別情報(文字位置座標情報と識別キーワード等がセットになった照合情報)または予めクラウドに登録された帳票識別番号を送信することで、照合結果や識別番号を結果として得ることができます。

API強化のイメージ

管理機能

文字認識後、訂正、チェックを行う回数や作業者の指定など、業務に応じた管理機能を実現します。

管理機能のイメージ