本文へジャンプ

文字認識クラウドサービス

文字認識クラウドサービス

近年、OCR(光学的文字認識)は、認識精度の向上などの技術的な進化と、RPA(Robotic Process Automation :ソフトウェアロボット)との組み合わせによる業務効率化への期待の両面から注目されています。従来のOCRは、専用帳票を作成し、読取位置や項目の詳細定義が必要でした。そのため、実際に業務で扱われる紙文書の多くをOCR帳票化することは運用面から難しく、また、請求書のように書式バリエーションが多岐にわたる場合、すべての書式を定義することが困難であるなど適用にあたって課題がありました。

東芝の文字認識クラウドサービスは、免許証やマイナンバーなどの本人確認書類だけでなく、請求書や受発注伝票等オフィスの紙文書の読み取りにも対応しています。

文字認識クラウドサービスのイメージ画像