本文へジャンプ

ニュースリリース

「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」の提供を開始 ~ 製造現場での作業員のさまざまな情報を見える化し、ソーシャルディスタンスの確保や作業改善に貢献 ~

2020年6月25日(木)

東芝デジタルソリューションズ株式会社

別ウィンドウで開きます マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:島田 太郎、以下 当社)は、IoTやAIの技術を活用し、作業員の位置・動作・発話などのさまざまな情報を、収集・見える化・分析することで、製造現場の作業効率や生産性を向上する、「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」を本日から提供開始します。製造現場での非効率作業を抽出し見える化するとともに、作業員の密集状況のチェックやアラート、リモートでの作業指示など、作業員のソーシャルディスタンス確保にも応用でき、withコロナ時代の新しい製造現場様式の実現を支援します。

 近年のIoT技術の発展により、工場設備などモノの状態は、把握・予測・最適化が可能になりつつあります。一方、作業者など人の状態や行動については、データの取得や分析が難しく活用が広がっていません。例えば、ストップウォッチやビデオ撮影での作業時間の計測にはノウハウが必要で分析にも時間がかかり、作業者自身がタブレット端末などに作業を都度入力するのは負担が大きいなどの課題があります。また現在直面している社会的な課題として、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、製造現場においても、密集を避けソーシャルディスタンスを確保することが重要になっています。

 今回提供を開始する「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」は、作業員が携帯・装着するリストバンド型生体センサー、ビーコン注1、スマホなどのデバイス類から、位置・動作・発話などのさまざまな情報を収集・蓄積し、データの見える化・分析を行うソリューションで、以下の特長があります。

「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」の主な特長

①5W1Hでの作業の見える化
5W1Hで現場作業の実態を把握できるため、標準作業と実績の差の確認、非効率作業(ムダ)の発生ポイントの把握、作業員ごとの作業負荷のバランス調整、安全で働きやすい環境の維持など、作業効率や生産性の向上を図ることができます。例えば、ボトルネックとなっている作業の発見、作業手順変更の前後比較、作業員ごとの作業負荷の偏り発見などにかかる工数削減など、さまざまなユースケースに活用できます。
 
②音声によるリモート作業支援
音声配信機能では、無線通信によってリアルタイムで作業員同士が会話でき、さらに、設備と連携させて音声で異常を通知させる仕組みを構築することによって、異常発生時の状況把握と作業指示を遠隔から即座に行うことが可能です。
 
③作業エリアでのソーシャルディスタンス確保
ビーコンやスマホの位置情報を使うことで、作業エリア内の密集状況をチェックしアラートを出すなど、ソーシャルディスタンス確保にも応用可能です。
 
④ハード・ソフトを1パッケージ化したサブスクリプションサービス
リストバンド型生体センサーやビーコンなどのデバイス類、データの収集・蓄積に使用するネットワークおよびパソコンなどの情報機器類、データの見える化・分析で使用するソフトウェアおよびテンプレート類の一式を当社から貸与するサブスクリプションサービスとして提供しますので、すぐにご利用いただくことが可能です注2

 「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」は、ものづくりIoTソリューション「Meister Factoryシリーズ」のものづくりIoTデータ活用ソリューション「Meister Apps」のラインナップに加わります。他のシリーズ商品と連携して活用することで、製造現場の設備・機器のIoTデータと作業員のデータを組み合わせ、製造プロセス全体の更なる生産性向上を実現することが可能になります。

 当社は今後も、クラウドサービス化などの機能拡張、パートナー企業との連携強化により、ものづくりによるデジタルトランスフォーメーションを進めて参ります。

「現場作業見える化パッケージ」全体イメージ

「現場作業見える化パッケージ」全体イメージ

このページのトップへ

「現場作業見える化パッケージ」ユースケース

「現場作業見える化パッケージ」ユースケース
 上記ユースケースの他にも、リストバンド型生体センサーを活用した体調チェック、音声配信機能を活用したフィジカルディスタンスを確保しながらの情報伝達なども可能です。

「現場作業見える化パッケージ」提供機能

●位置データ収集機能
作業エリアに配置したビーコンデバイスの電波をスマートフォンで受信し作業者の位置を特定します。
 
●動作データ収集機能
リストバンド型生体センサーを用いて作業者の腕の動きの加速度データから装着者の行動をディープラーニング技術で推定します。なお、本機能には、東芝アナリティクスAI 「SATLYS(サトリス)」の高度な分析を多くのお客さまに提供するため、当社のAI分析の知見を集積・標準化し、目的ごとに特化させたAI分析サービス「SATLYSKATA作業行動推定」注3を使用しています。
 
●音声配信機能
作業員の発話音声を無線通信によってリアルタイムで配信する機能です。また、設備などの外部のシステムから音声を配信するためのAPIを提供します。
 
●各種の見える化テンプレート
位置データと動作データの集計とグラフ(積上げグラフ、タイムライン、ヒートマップなど)表示をするテンプレートをリファレンスとして提供します。
  • 注1 ビーコン(Beacon):Bluetooth信号を発信し端末の位置を知らせる発信機。ビーコン近くのスマホの位置や距離を検出できる。
  • 注2:導入・運用に合わせてお客さま側にて準備が必要となるものがあります。また、オプションサービスを含むその他のサービスにつきまして は当社にお問い合わせください。
  • 注3 SATLYSKATA行動推定 ~ ウェアラブルデバイスによる作業行動の見える化で作業効率を改善する ~
    https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/satlys/kata/estimation.htm
  • *「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」は、東芝デジタルソリューションズ株式会社と株式会社デンソーの共同開発による商品で、両社が共同で出願中の特許を含みます。
  • *Meister Apps、Meister DigitalTwin、Meister IoT、SATLYS、SATLYSKATAは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
  • *その他、本文章に記載されている社名および商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

以上