本文へジャンプ

当社の提案する債権書類管理システム


導入支援

導入検討時点からプロジェクトチームで取り組みます。

・パッケージ販売でなくエンジニアリングとして取り組みます。

・プロセス解析から移行計画までご要望に応じお引き受けします。

導入後サポートも万全です

・一括受け付け窓口で債権書類管理に特化したメンバーが対応します。

・現地保守員とリモートの開発メンバーの連携で充実の即応体制です。

・導入後定例ミーティングで事故の予防体制も万全です。

・顔の見えるサポート体制を取ります。


導入検討プロセス

導入支援スキーム


保守プロセス

保守体制


リモートメンテナンス

リモートメンテナンス

セキュリティの確保

表は左右にスクロールできます
方法
非常時のみISDNルータ電源投入
ISDNルータ着信番号固定
監視用PCをSSC(東芝)専用ネットワーク上に設置

設備・利用料金の負担は?

表は左右にスクロールできます
必要設備 経費負担
ISDN基本回線料金(銀行加入) お客様
ISDN基本回線料金(東芝加入) 東芝
回線利用料金 東芝
東芝側保守用PC 東芝

リモートメンテナンスで出来ること

表は左右にスクロールできます
項目 可能な作業
クライアント機能 遠隔地でクライアント機能を動作させることで、障害の再現・データ訂正を行なう
メッセージ・ログ参照 サーバ及びクライアントのメッセージやログデータを参照し問題追求を実施
画面再現 サーバ、クライアントの画面を遠隔地のPCにそのまま再現し、状況監視を行なう
モジュール交換 外部からプログラムの書き換えを実施し問題箇所の訂正を行なう