本文へジャンプ

分散・連成シミュレーションプラットフォーム

導入効果

課題を解決する機能と導入効果について詳しくご説明します。

1.モデル間接続の自動化

     

課題:モデルをつなぐのが大変

機能

  • 通信仕様に応じてデータを送受信するバスコネクタを自動作成し、各開発環境に配布

導入効果

  • モデル間接続を自動化し、複数のモデルを集約・接続する作業工数を削減
      

モデル間接続の自動化

2.モデルを秘匿化しながら会社間の検証が可能

     

課題:モデルが開示されない

機能

  • バスコネクタにより入出力インターフェースを共通化し、各モデルの入出力信号のみで連成シミュレーションを実施

導入効果

  • 秘匿化が必要なモデルやサプライヤ間での検証が可能
  • 他社や他部署の異なるシミュレータ、バージョン間での検証が可能
      

モデルを秘匿化した会社間検証

3.分散処理によるシミュレーションの高速化

     

課題:シミュレーションが遅い

機能

  • 複数台のPCやVM(ヴァーチャルマシン)によるシミュレーションの分散実行
  • クラウド活用により、低遅延・高性能なリソースを用いてシミュレーションを実施

導入効果

  • 複数台のシミュレーションツールに分散させることで、シミュレーションを高速化
  • 高速なシミュレーション環境を短期間で構築し、さらなる高速化も可能に
      

分散処理によるシミュレーションの高速化

別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

このページのトップへ