本文へジャンプ

業務の効率化・自動化

(1)チェックルールによる請求業務の効率化・自動化

請求書の作成にあたって、料金計算対象となる使用量や請求書金額をチェックします。
あらかじめ設定した閾値(上限・下限)を超えた場合、チェックエラーとして担当者のタスクリストへ掲載し、作業の停滞を防ぎます。
また、設定したスケジュールに基づき、支払遅延者に対する督促業務を自動化するなど、業務の効率化を支援します。

業務の効率化

(2)ワークフローによる漏れや忘れのない業務遂行

担当者はワークフローのステップに応じて業務を行いますので、時間経過や実施時期を意識せずに漏れや忘れることなく業務を実施できます。ワークフローを用いることで、業務の担当者が変わる場合でもスムーズな業務引継が可能です。

(例)督促業務ワークフローイメージ

ワークフローによる業務の効率化

(3)登録代行業務による効率化

お客さま自身がWebの申込フォームから直接入力したり、販売パートナーがお客様に情報をお聞きしながら登録代行するなど、小売事業者の手を介さずに顧客情報を登録する仕組みを提供します。

■顧客獲得について⇒

業務の効率化イメージ


Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。