本文へジャンプ

取引先調査/BCP管理

バイヤー視点から必要となるサプライヤ情報を一元的に管理し、サプライヤ戦略に有効な情報の管理を可能とするシステムをご提供いたします。

戦略調達ソリューション「Meister SRM™」のBCP(Business continuity planning 事業継続計画)管理 機能の新たなオプション機能として、「災害情報連携オプション」の販売を開始しました。日本国内および海外で発生した地震など、生産活動に影響をもたらす災害情報を自動取得し、生産に関わる影響度を可視化、迅速にサプライチェーン寸断リスクに対応することが可能になります。⇒■プレスリリースをご覧ください

課題

  • サプライヤ管理の効率化
  • 取引先情報をグローバルに整備・共有化
  • 調達リスク対策の検討
  • 災害時の影響を効率的に把握

解決策

  • 取引先調査機能によりサプライヤから直接入力された情報を一元管理
  • 全社で標準とする調査項目と業態や地域により事業場個別に調査したい項目の両方を一元管理
  • サプライチェーン情報・災害影響度をバイヤによる一括登録とサプライヤによるWeb直接入力で収集
  • 災害時に調査対象サプライヤを位置情報から抽出し一斉調査依頼が可能
  • 一斉調査結果を地図などでビジュアルに表示

サプライヤ管理概要


事例集
コラムトップへ
次世代ものづくりソリューショントップへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。