本文へジャンプ

特長

1.豊富な実績をもつ調達ソリューション

Meister SRM™は当社および多くの製造メーカー様だけでなく様々な業種でご利用いただけます。

2.標準パッケージによる早期立ち上げ

標準パッケージの活用で、短期間にシステム構築・運用立ち上げが可能です。

3.グローバル対応

マルチ言語、マルチ通貨、タイムゾーン対応だけでなく、グローバル調達にも対応可能です。

4.一貫したサポート

東芝グループの調達革新の経験に基づいた調達革新コンサルテーションからシステム構築、運用支援、ヘルプデスク等、一貫したサポートが可能です。

5.各種システムとの連携が可能

設計システム、生産管理システム等とのデータ連携が可能です。

6.SaaS型とオンプレミス型で提供可能

運用負担を削減できるSaaSおよび既存システムとの密接な連携可能なオンプレミス、両形態でのご提供が可能です。

電子見積機能
調達コスト削減のために、相見積と見積内訳取得による費目毎の詳細比較・査定が可能
調達リードタイム短縮のために、設計システム(品番、仕様図面)と連携が可能
グローバル調達拡大のために、輸出管理部門まで含めたワークフローやインコタームズなどの見積条件に対応
ご利用中のExcel見積書をそのまま取り込むことが可能
見積に必要な仕様書、図面データを見積とあわせてサプライヤと授受することが可能
取引先調査/BCP管理
サプライヤとのパートナーシップ構築のために、サプライヤ情報を一元管理し、様々な観点で検索・取得が可能
効率的な取引先調査実現のために、各種調査項目の標準テンプレートをご提供、また独自の調査項目をパラメータにより設定可能
取引先調査情報の全社共通化のために、全社標準と事業場個別の調査項目の統合管理が可能
サプライヤ情報の鮮度を保つために、既存システムとの連携も可能
災害発生時の調達リスク最小化に備え、サプライチェーン情報の収集・管理が可能
災害発生時の影響を迅速に把握するために、位置情報などによる対象サプライヤの洗い出しと地図表示による災害影響状況の表示が可能
サプライチェーン情報、災害影響度について、バイヤによるExcel一括登録、サプライヤによるWeb直接入力が可能
調達分析機能(DWH)
見積の妥当性を評価するために、見積内訳の原価構造を比較・可視化
パートナー戦略立案のために、取引先調査で得た経営状況と自社依存度の相関分析
集中購買推進のために、購買実績を品目分類別、サプライヤ別に分析
グローバルWebEDI機能
グローバル調達拡大のために、Webブラウザを利用したグローバルEDI(電子データ交換)が可能
グローバルEDI標準に対応するために、EDIFACT、 ANSI X.12に対応。マルチライン(多品一葉)のデータ構造に対応
基幹システムとのセキュアな通信のために、ファイル転送ソフトによるEDIメッセージおよびドキュメント授受が可能
ニーズの高いEDIメッセージに対応(フォーキャスト、供給計画回答、注文、注文請、インボイス他)
EDIメッセージおよび表示項目の定義情報を汎用的に設定可能
汎用文書交換機能
サプライヤとのドキュメントのセキュアな授受のために、Web画面でドキュメントを共有
ドキュメントの送信、受領ともに、ワークフローで社内回付・承認が可能
送付したドキュメントに対するサプライヤの受領履歴が確認可能

事例集
コラムトップへ
次世代ものづくりソリューショントップへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。