本文へジャンプ

導入事例

ライオン株式会社様 事例

購買業務の中核をなす見積業務の効率化と分析精度を向上

ライオン株式会社様事例

事例紹介ページへ

見積業務の効率化と分析精度を向上し、見積価格の適切な評価を目的とした購買見積電子決裁システムを導入。100社以上の取引先との年間2,000〜5,000件に上る包装材料、700件ほどの外注製商品の見積業務を紙ベースからシステム化し、業務の効率化と分析精度の向上や、戦略的な購買業務を可能にする基盤づくりを実現。
◆詳細はこちら⇒


シナノケンシ株式会社様 事例

グローバル調達の仕組みをわずか4カ月で構築

ライオン株式会社様事例

事例紹介ページへ

戦略調達ソリューション「Meister SRM」を導入しグローバル調達基盤を構築。電子見積と承認ワークフローの仕組みを整備したことで、見積業務にかかる工数を大幅に削減することに成功し、サプライヤの新規開拓や調達戦略の検討などにより多くの時間を使えるようになった。これに加え、災害時におけるサプライチェーンの寸断リスク対策と、更なる調達業務の効率化のために、BCP管理機能とサプライやポータルを 追加導入し4月より稼動を開始。
◆詳細はこちら⇒


アサヒグループホールディングス株式会社様 事例

グローバル展開も視野に入れた調達基盤を半年で構築

アサヒグループホールディングス株式会社様事例

事例紹介ページへ

アサヒグループのホールディング体制移行に伴って、ガバナンスの強化を図るとともに、グループ全体でのシナジー効果を発揮するためのインフラ作りに着手。事業会社ごとに行われていた調達業務の可視化と、戦略的な調達業務を可能にする基盤作りを実現した。
◆詳細はこちら⇒


パナソニック株式会社様 事例

調達の見積もり業務を効率化・標準化

パナソニック株式会社様 事例

※東芝デジタルソリューションズ株式会社事例紹介ページへ

競争の激しいデジタル家電分野を皮切りに、調達分野における見積業務の効率化や標準化を実現すべく電子見積システムを導入。
◆詳細はこちら⇒


株式会社 東芝 事例

東芝グループのグローバル統合調達のノウハウを集結

株式会社 東芝 事例

※東芝デジタルソリューションズ株式会社事例紹介ページへ

東芝グループでは、調達部門を起点とした利益の最大化とリスクの極小化を図るべく「品目別戦略」「パートナー戦略」「調達COPQ削減」の3つを柱とした調達イノベーションを推進中。調達業務の高度化を目指したプロジェクトがスタートした。
◆詳細はこちら⇒


その他導入実績について

某総合電機メーカ様
導入拠点: 10拠点
サプライヤ数: 10,000社
某自動車部品メーカ様
導入拠点:25拠点
バイヤ数: 100名
サプライヤ数: 400社
某大手家電メーカ様
導入拠点:30拠点
バイヤ数: 600名
サプライヤ数: 1,000社
某大手電気部品メーカー様
導入拠点:2拠点
サプライヤ数: 500社
某半導体製造装置メーカー様
導入拠点:10拠点
バイヤ数: 80名
サプライヤ数: 1,000社
某産業機械メーカー様
導入拠点:2拠点
サプライヤ数: 50社

事例集
コラムトップへ
次世代ものづくりソリューショントップへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。