本文へジャンプ

つくる、つかう、IoTでつなぐ ものづくりの未来

ものづくりIoTソリューション「Meisterシリーズ」とは

Industrie 4.0 やIndustrial Internet が提唱され、今、世界のものづくりを取り巻く環境は大きな変革期を迎えています。次世代に向けた製造業の変革。それは、製造業のバリューチェーン全体を最適化し、これまで以上に高い生産性や品質を実現するだけでなく、個々のお客様の使い方を知り、使用価値を高める新たな製品・サービスを提供していくことも求められています。

このような変革を支えるICT ソリューションとして、東芝は「 ものづくりIoT ソリューション Meister シリーズ」を提供します。

次世代ものづくりソリューションとは

特長

  • メーカーならではの知見・ノウハウにもとづくソリューションを提供
  • 製造現場におけるIoT・ビッグデータを活用した歩留まり向上や生産効率化を実現
  • 設備の遠隔監視・設備保全による稼働率向上を実現
  • 製造業向けデジタルツインで、ものづくりのCPS を実現
  • ものづくりのバリューチェーンを網羅したデータモデルの活用
  • 過去起きたこと、今起きていることをデジタル空間上に精緻に再現して活用
  • 製造業のためのIoT アーキテクチャーによりエッジからフォグ・クラウドまでのトータルIoT を提供
  • 業種知識と機器ノウハウを活かしたIoT サービスをご提供
  • グローバルパートナーシップにより、お客さまに最適な形で提供可能
事例集

オムロン株式会社

IoTによる製造現場の革新。オムロン草津工場と共に挑む東芝の技術別ウィンドウで開きます(日経電子版にリンクします)

製造業向けナビサイトにリンク
次世代ものづくりソリューショントップへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。