本文へジャンプ

ものづくりIoTソリューション
Meister シリーズ

ものづくり情報プラットフォーム

製品ライフサイクルの業務データとIoTデータを精緻に結び付け
バリューチェーン最適化へ向けたものづくりビッグデータを蓄積

デジタルトランスフォーメーションを加速するためには、現場から経営までのリアルタイムな情報結合(垂直結合)と製品ライフサイクル全体のシームレスな情報結合(水平結合)をサポートする新たな情報プラットフォームが必要です。
幅広いものづくりの経験から作り上げた統合データモデルと高速ビッグデータ基盤を用いて、製品ライフサイクル全体に関わるデータの見える化や分析を可能とするものづくり情報プラットフォームを提供します。

[イメージ] ものづくり情報プラットフォーム Meister DigitalTwin™

特長

1

製品ライフサイクル全体をカバーし、現場と経営をつなぐデータモデル

  • 製造現場から経営までリアルタイムで情報をつなぐことで、現場の状況が経営層にまでリアルタイムに伝わり意思決定に活かすことが可能(情報の垂直結合)
  • 企画・設計・生産・運転・保守の製品ライフサイクル全体のデータをつなぐことで、製品の使われ方を把握し製品企画に役立てるなど、製品ライフサイクル全体での最適化が可能(情報の水平結合)
2

データの加工・管理の手間と期間を削減

  • デジタル写像空間上で製品ライフサイクル全体をカバーする統合データモデルを活用することで、データの統合と活用までに要する時間を大幅に短縮
3

ビッグデータの高速処理が可能

  • 社会インフラなどでも活用されている高速ビッグデータ基盤を活用することで、様々な装置・センサーから出力されるミリ秒単位の大容量データの高速処理を実現

商品・サービス構成

[イメージ] 商品・サービス構成

別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。