本文へジャンプ

次世代ものづくりソリューションのトップに戻る

第28回 設計・製造ソリューション展 東芝ブースご報告

ご来場ありがとうございました。

2017年6月21日(水)〜23日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催した「第28回 設計・製造ソリューション展」に出展しました。

会期:2017年6月21日(水)〜6月23日(金)

時間:10:00〜18:00(最終日17:00終了)

会場:東京ビックサイト 東展示棟2ホール

東芝ブースではものづくりの次世代化に向けてIoT技術を活用した製造業向けソリューションをご紹介させていただきました。


展示コーナーのご報告

東芝が幅広い事業領域で培ってきたメーカーとしてのものづくりの知見やノウハウを生かした、次世代のものづくりに関連するソリューションや、それらの基盤となるIoT技術を展示しました。

ものづくりのバリューチェーン全体をデジタルツインの世界で繋ぐことによる、お客様のものづくりのデジタルトランスフォーメーションをご提案しました。


1.次世代ものづくり Meisterシリーズ

「次世代ものづくりソリューション Meisterシリーズ」は、東芝グループが培ってきたものづくりの知見と、IoT技術やビッグデータ解析技術を駆使することで、不良発生や装置停止を未然に防止したり生産最適化を目指すソリューションです。

データ収集やリアルタイムでのエッジ処理を行う「Meister IoT」、プロダクトのライフサイクル全般をカバーしたIoT情報プラットフォーム「Meister DigitalTwin」、現場や市場の大量な情報から目的に応じた見える化をサポートする「Meister Visualizer」、東芝独自の事象パターン分析技術やAI/機械学習技術を活用し、品質低下・装置停止の原因や予兆を明らかにする「Meister Analysis」といったソリューションをご紹介しました。

関連ソリューション:次世代ものづくり Meisterシリーズ


2.設計ソリューション (ENOVIA)

東芝では2001年よりグローバルPLMパッケージ「ENOVIA」を導入し、現在では約50サイト25,000ユーザで利用しています。特にグローバル展開で課題となる輸出管理、デジタル著作権管理といったアドオンの仕組みを導入しており、この経験・ノウハウと共に世界最大級の「ENOVIA」ユーザでもあるという視点からお客様にソリューションを提供しています。

これからのIoT時代において、これまではなかなか活用できなかった顧客の利用情報や保守情報などのIoTデータを、設計業務にどのように活かしていけば良いかといった考え方も、デモンストレーションを通じてご紹介しました。

関連ソリューション:PLMソリューション (ENOVIA)


3. 調達ソリューション(Meister SRM)

製造業がグローバル市場で勝ち抜くために、調達業務も常に戦略的な変革を求められています。戦略的な調達業務を実現するためには、手配・発注・検収といった調達オペレーションの仕組みに加え、日常の調達活動で取り交わされている見積書や取引先調査票など、様々な調達情報を収集・蓄積するサプライヤコミュニケーション基盤の確立が重要です。またこれからのIoT時代においては、調達部材のコスト明細情報や、保有設備・地理情報などの詳細なサプライヤ情報に加え、AIの活用や外部サービスとの連携により更なる価値を創造できると考えております。

今回は調達ソリューション(Meister SRM)の豊富な活用事例のご紹介と、ものづくりのデジタルトランスフォーメーションに貢献する新しい価値をご提案しました。

関連ソリューション:調達ソリューション(Meister SRM)


4.製造ソリューション (Meister MES)

製造現場におけるビッグデータ活用が進む中、工場内外で起きたあらゆる事象をIoT技術を活用して製造現場につなげる役割として、あらためてMESが注目されています。さらに、これからのIoT時代においては、他の工程のセンサーや装置で取得された情報からAIが判断し、自律的に製造現場を制御するといった次世代の製造プロセスへの期待が高まっています。

今回は製造ソリューション「MeisterMES」のご紹介と共に、次世代ものづくりソリューション「Meisterシリーズ」の中核となる情報プラットフォーム「Meister DigitalTwin」との連携による、ものづくりのデジタルトランスフォーメーションをご提案しました。

関連ソリューション:製造ソリューション (Meister MES)


5.検査装置 

製造ラインの検査工程においても、様々なIoTデータやAIの活用による高度化への期待が高まっています。従来の検査情報による上流製造設備に対してのフィードバックに加えて、設備稼働状況、原材料情報、製造レシピなど他のシステムの情報を参照し、今まで把握できていなかった製造プロセスでの品質情報を見える化する、IoT時代ならではの情報活用のスタイルを、デモンストレーションを通じてご紹介しました。

関連ソリューション:画像処理検査装置


6.遠隔保守ソリューション
 (Meister Visualizer Suite for O&M)

製品導入後の運用・保守の高度化とIoTを活用したサービス化を中心としたビジネスモデルの転換は、今後の製造業における大きなテーマの一つです。それを実現するためには、製品導入後のお客さまの使用局面で起きたことや今起きていることを把握するだけではなく、その情報を現場やものづくりのプロセスで利活用することが必要です。

次世代ものづくりソリューション「Meisterシリーズ」の情報プラットフォーム「Meister DigitalTwin」を活用し、ものづくりと、ものづかいの情報をつなぐことで、IoTデータの価値を最大化することが可能です。次世代ものづくりソリューション「Meisterシリーズ」によるものづかいプロセスにおける遠隔保守のデジタルトランスフォーメーションをご提案しました。

関連ソリューション:次世代ものづくり Meisterシリーズ(Meister Visualizer Suite for O&M)

関連ソリューション:IoTスタンダードパック


7.フィールド保守ソリューション (AR+RECAIUS)
 【参考出展】

カメラに映し出される現実空間にリアルタイムに様々な情報を重ね合わせて見える化する技術であるARと東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」を活用し、保守業務を高度化するソリューションをご紹介します。作業シナリオに基いた音声ガイダンスと共に、現実空間には存在しないコンテンツを映し出すことで、安全・確実に保守・フィールド作業を実施できます。また、デジタルコンテンツを充実させることで、作業の効率化、作業員のマルチスキル化や省人化を実現することが可能となります。

ARやRECAIUSの技術を活用した、フィールド保守のデジタルフォーメーションを体感していただきました。

関連ソリューション:東芝コミュニケーションAI (RECAIUS)


8.自動車IoTソリューション

自動車のコックピットによるデモンストレーションでは、次世代移動体通信ゲートウェイ「Next CGW」と東芝コミュニケーションAI「RECAIUS」を組み合わせ、コネクテッドカー時代のユーザーエクスペリエンスを体感いただきました。

また、ディーラーが市場に出荷・販売した後の車両の状況を移動体通信ゲートウェイを利用して収集し、構成品の状態を見える化することで、保守整備計画の最適化を実現するシナリオをご紹介しました。車両の構成品単位での予知・予兆モデルを実現することにより、保守部品や人員、整備場の手配の効率化や、車両を含んだアセットの最適化に貢献します。さらに移動体通信技術により、車両の多数のセンサー情報をそのまま通信せず、エッジでの統計処理を行い、通信コストの削減やネットワーク負荷の軽減も可能になります。

関連ソリューション:自動車IoTソリューション


9.東芝IoTアーキテクチャー(SPINEX)

「SPINEX」は、お客さまのビジネスモデル変革とデジタルトランスフォーメーションを実現するためのIoTアーキテクチャ—です。「エッジコンピューティング」「デジタルツイン」「メディアインテリジェンス」という3つのテクノロジーを融合し、様々なIoTデータを効率よく収集、分析するだけではなく、予測型から自律型といった高度な活用が可能です。さらに、オープンアーキテクチャーを採用し、グローバルなオープンパートナーシップによるマルチクラウド、マルチデバイス接続が可能なことも「SPINEX」特長の一つです。

東芝が長年にわたり、社会インフラや半導体といった事業で培ってきた技術や知見と、IoTやAIなどの先進技術を結集した、インダストリー領域のIoTアーキテクチャーをご紹介しました。

関連ソリューション:東芝IoTアーキテクチャー(SPINEX)


10.東芝コミュニケーションAI (RECAIUS)

東芝が長年にわたり研究してきた音声、映像、言語、知識処理などの技術とノウハウを融合し、音声合成、音声認識、同時通訳、音声対話、人物認識といった様々なサービスを提供しています。

たとえばカーナビやゲームで利用される合成音声を始め、訪日外国人の接客における同時通訳サービス、ネット相続相談サービスでの対話処理などで活用いただいております。また製造業の現場でも活用できるコミュニケーションAIとしての期待も高まっています。「多様な意図・状況の理解と知識更新」をコンセプトに、新しいライフスタイルやビジネスの創出に貢献する東芝コミュニケーションAI (RECAIUS)をご紹介しました。

関連ソリューション:東芝コミュニケーションAI (RECAIUS)

関連ソリューション:あなたを想うAI (RECAIUS)


タブレットによる展示ブースガイド 〜ARの技術を活用したご案内『プチッとAR』〜

タブレットをかざすタブレットをかざす

会期中「タブレットによる展示ブースガイド」をご希望される方に東芝ブースの受付にて専用タブレットを貸し出しました。タブレットを展示コーナーのマーカー*1 にかざすと画面のアプリプチ*2 がご案内を開始。ARと東芝のコミュニケーションAIを使ったブース案内を体感していただきました。解説は日本語、英語、中国語の3か国語対応でした。また、これらの技術に関してミニセミナーでもご紹介しました。


マーカー*1:展示コーナーのマーカー(例)

アプリプチ*2:インターフェースロボット「アプリプチ(ApriPetit)」


セミナーのご報告

東芝ブースでは今回展示を行ったソリューションや技術に関する各テーマ10分間のセッションを実施しました。


ご参考⇒会期中3日間のセミナースケジュール(PDF:2.46MB)です。

スケジュール3日間(別ウィンドウで開きます。)


Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

製造・保守

デジタルツインでものづくりは更に進化する。東芝の「次世代ものづくりソリューション」
〜 集めるだけでは変わらない、真のIoT活用の時代へ 〜

ものづくりの現場だけでなく、ものづかいの現場(出荷後の使われ方・状態)も含めて、デジタル空間上で精緻に再現。工場内で不良発生や装置の故障等を未然に防くだけでなく、バリューチェーン全体の最適化を目指し、情報収集から利活用までをワンストップでご提供します。

設計

東芝グループが実践するPLMと次世代設計の姿
〜 データ・オリエンティッド・デザイン 〜

東芝グループでは半導体や社会インフラなど様々な業種でものづくりを行ってきました。Industrie4.0に代表されるIoT社会において設計はどう変わっていくのか?セミナーでは、現在のグローバル設計への取り組みと近い将来の設計の姿をご紹介しました。

調達

戦略調達ソリューション「Meister SRM」
〜 最近の調達のトレンドと戦略調達を実現するMeisterSRMのご紹介 〜

先進的な企業では、調達オペレーション業務を極力自動化し、戦略に基づく調達業務の原価企画業務へのシフト、取引先情報の整備と活用がトレンドとなっています。本セミナーでは、コストダウンだけでなく、遵法リスクや生産活動中断リスクの低減に向けたサプライヤコミュニケーション基盤をご紹介しました。

製造

生産現場を次世代化する「Meister MES」
〜 “つながる工場”実現へ向けた次世代ものづくりを支援 〜

東芝半導体工場の構築経験で培ったノウハウを活かし、着完工管理をベースにした自動化機能やセル生産機能、汎用インターフェース、分析連携といった、次世代ものづくりに求められる機能を搭載・拡充した次世代MESソリューション『Meister MES』をご紹介しました。

検査

製造プロセスにおける品質情報の見える化を支援する「外観検査ソリューション」
〜 検査情報と製造ライン情報の一括見える化により欠陥発生要因を早期発見 〜

フィルム、紙、非鉄など各種製造業では市場からの要求品質の向上に伴い、製造プロセスで発生する欠陥の検出精度向上が求められています。当社ウェブ外観検査装置ではカラー処理に対応し、検査性能の向上を実現しました。さらに、欠陥発生要因の早期発見のため、欠陥情報と設備情報の一括見える化や分析など、品質向上へ向けた取り組みをご紹介しました。

保守

IoT による Predictive O&M の実現に向けて
〜 O&Mの高度化に貢献する「次世代ものづくりソリューション」 〜

IoTによる次世代化の潮流の1つに、製品導入後のO&M( Operation & Maintenance )の高度化とそれによるサービス事業転換、ビジネスモデルの変革などがあります。本セミナーではその方向性や事例、当社のO&Mソリューションやその中核にあるDigitalTwinの考え方、それを支える周辺ソリューション(現場保全管理、AR/VRなど)についてご紹介しました。

保守/AR

スマートメンテナンスを実現する「AR/VR活用ソリューション」
〜 業務に応じた最適なサポート情報をリアルタイム・ビジュアルに表現 〜

エンターテイメント分野での活用が先行するAR/VR技術を、インダストリー分野での活用に応用し、ものづくりのためのICT技術をコアとした製品ライフサイクルにわたる業務の効率化・高度化のための適用ソリューションをご紹介・ご提案しました。

コネクテッドカー

車両情報の収集・活用を実現する「 次世代移動体通信ゲートウェイソフトウェア」
〜 クラウド連携による移動体の新たな価値創出に向けて 〜

次世代移動体通信ゲートウェイ『NextCGW』により収集された車両データを、東芝IoT基盤『SPINEX』を介して分析・解析し、更に、その情報を車両や市場にフィードバックすることにより、車両管理、保守などの新たな価値・サービスを創出する自動車IoTソリューションをご提案しました。

グローバル

Realize rapid ERP implementation & OAM support「Global ERP Total Service」
(日本語表示付き)

グローバルERPシステムの豊富な導入実績と経験により得られた知見、ノウハウを結集し、SMARTに、SEAMLESSに、SUSTAINABLEに、ビジネスプロセスを確立し、基幹業務システムの稼動を実現する『グローバルERPトータルサービス』をご紹介しました。(本セッションは英語で行いました)

業務自動化/AR

AR・コミュニケーションAIを活用した業務の自動化
〜 タブレットによる展示ブース案内ガイド プチッとAR のご紹介 〜

少子高齢化により2030年までに生産年齢人口が1千万人減少すると予測される中、ICT技術による人的作業の効率化や業務自動化の取り組みが進みつつあります。セミナーでは、AR技術を活用した業務自動化のユースケースとともに、展示会場にて実証実験を行った、ARとコミュニケーションAIを使ったタブレットによる展示ブース案内についてご紹介しました。


※本サイトに記載されている社名、製品名およびシステム名は、各社が商標または登録商標として使用している場合があります。