本文へジャンプ

規制対応 業務プロセスマップ作成支援サービス

規制対応業務マップ作成で、業務プロセスの見える化を!

薬機法GQP省令/QMS省令、海外FDA:CFRpart820、ISO13485等の要件に沿って、弊社規制対応ひな形テンプレートをもとに、貴社独自の業務マップを作成。今まで把握できなかった規制対応業務プロセスの見える化を実現します。

対応すべき課題

国内・海外の規制・規格への対応遅れによるリスク低減

  • 自社業務プロセスや自社製品が規制・規格の変更に気づかず運用されていないか。

自社規制対応業務の肥大化防止

  • 業務プロセスを見える化していないため、規制への過剰対応により肥大化していないか。

ソリューション要件

規制対応業務の部分最適から全体最適への見える化

  • 薬事法改正後手順書と記録書準備に追われいつのまにか部分最適となっていないか?
    工場間で規制対応業務の違いは?などを見える化する。

業務手順書と現在の運用の乖離の防止(業務改善とICT化により乖離防止)

  • 業務の抜け漏れフォローミスなどによる査察指摘リスクを低減する

導入効果

自社の規制対応業務マップをもつことで“見える化”される

  • 規制対応業務を俯瞰することで真の課題の抽出を支援します(ムリ・ムダ・ムラ)
  • 人材流動化にともなう業務教育支援資料となる(新人教育・移転者教育資料)
  • 業務ICT化に際しての業務要件資料となる(ICT化RFP資料の一部)

概念図

図:「業務プロセスマップ作成支援ソリューション」

図:「業務プロセスマップ作成支援ソリューション」

※注意
イメージ拡大はJavaScriptを使用してます。お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合
もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

お問い合わせへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。