本文へジャンプ

追跡・所在管理サービス
LADOCsuite®/LogiTrace

資料ダウンロードarrow

追跡・所在管理サービスLADOCsuite®/LogiTrace

IoTを活用して大切な輸送器材を見守ります

RFID を使用して輸送器材の所在データを自動収集し、輸送器材の動きを見える化することで、管理者の負担軽減や適切な資産管理の実現など、物流コストの削減に貢献するソリューションです。
RFIDに含まれる個体番号はEPCのコード体系に対応しており、サプライチェーンを意識したご利用が可能です。

  • EPC:GS1(サプライチェーンに関する国際規格を策定する組織)で標準化された電子タグに書き込むための識別コード
[イメージ] システム構成

特長

1

輸送器材と配送先の紐付け作業を自動化

RFIDを活用し輸送器材と配送先の情報を自動的に紐付けできます。据え置き型のリーダを利用することで、手作業での読み取り操作がなくなり、作業負荷が軽減します。

2

取り扱い荷物に応じて多様な読み取り機器に接続可能

読み取り機器はクラウド通信部と機器制御部を分離したモジュール設計のため、お客様指定のRFID機器やその他デバイスも接続可能です。

  • (注) アプリケーション開発が必要となる場合があります。
3

柔軟にメニュー選択・スケールアウト可能なクラウドサービス

利用する輸送器材数、または機器数に応じてサービスをご利用いただけます。月単位での変更や、スモールスタートも可能です。

資料ダウンロード

ホワイトペーパーや商品カタログのダウンロードができます。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーの詳細資料
     

※クリックするとフォームが立ち上がります。お申し込みいただいたお客様の個人情報は、暗号化され保護されます。

商品カタログ

物流IoTソリューション「LADOCsuite®
カタログ

倉庫管理ソリューション
「LADOCsuite®/WMS」
リーフ

追跡・所在管理サービス「LADOCsuite®/LogiTrace」
リーフ

     

※クリックするとフォームが立ち上がります。お申し込みいただいたお客様の個人情報は、暗号化され保護されます。

別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。