本文へジャンプ

製品概要

長期、中期、短期の3段階の生産計画が可能です。

各種生産計画と関連モジュール構成

①長期スケジューリングによる【年度経営計画】

Asprova MRP/Asprova APS/ Asprova MS/KPIオプション

販売計画や需要予測を入力し、FCR(またはMRP)によりKPIを試算、長期要員計画・長期設備、不可計画・長期購買計画・長期売上利益計画を出力します。

※FCR(Finite Capacity Rough Scheduling):有限能力ラフスケジューリング
 設備や人員負荷を考慮した有限能力のタイムバケットのないMRPのこと

※MRP(material requirements planning):資材所要量計画

②中期スケジューリングによる【生産準備(3か月程度)】

Asprova MRP/Asprova APS/ Asprova MS

顧客からの内示オーダを入力し、FCR(またはMRP)により、3か月売上・利益計画、設備負荷計画、要員計画、製造・生産計画、購買内示、外注内示、長期納品購買指示を出力します。

③短期スケジューリングによる【作業指示】

Asprova MS(標準モジュール)

製品オーダを入力し、FCSにより、現場への作業指示(生産計画)、外注指示、短納期品購買指示を出力します。

④中期・短期計画の連動による【内示・確定の調整】

Asprova APS

中期の生産計画により生産準備を行い、確定オーダを入力してスケジュールし、内示と確定のずれを調整しながら、現場への作業指示(生産計画)を出力します。

⑤製造BOM構築による【生産情報標準化】

Asprova BOM

製造の基準情報が未整備の場合、まずは製造BOMの整備が必要です。生産情報の標準化により品質を向上させます。

⑥ネットワーク化による【生産情報共有化】

Asprova NLS/Asprova DS

ネットワーク上のどのPCからも使用でき、データのグローバルな生産情報共有化を実現します。

モジュール構成

モジュール構成

※1 オプションを持っているスケジューラモジュールが保存したデータであれば使用できます。


Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。