本文へジャンプ

機能

Asprova APS(Advanced Planning & Scheduling)は受注・製造・購買における長期計画・中期計画・短期計画をひとつのモジュールで処理します。(Asprova APS=Asprova MS + 受注OP + 購買OP )

従来は、基幹システム内のMRPシステムと生産スケジューラの組み合わせでシステムを構成することがよくありました。 このような組み合わせではインターフェースの開発が必要になったり、マスタが別々、生産指示が同期しないなど種々の問題があり、導入コスト増加の原因になりました。しかしAsprova APSを用いれば、これらの問題点が解決します。


利用イメージ


利用イメージ

※Asprova NLSについて

通常Asprova を使用する場合、使用するPCのUSBポートにプロテクタを接続する必要がありますが、Asprova NLSを導入する事により、プロテクタがなくても、ネットワーク越しにサーバからライセンスの提供を受けることが可能となります(プロテクタを持ち歩かなくても、複数のPC でAsprova を使用できるようになります)。

注意事項

ネットワークライセンス(Asprova NLS)を使用する場合はプロジェクト毎にスケジューラモジュール(Asprova APS)ライセンスが必要となります。


画面と機能

工場における受注・製造・購買に渡る、長期・中期・短期の生産計画全体を支援します。

(1)資源ガントチャート

スケジュール表示の基本チャート、徹底的に使いやすさと機能を追及!

資源ガントチャート

主な機能

a.納期遅れなどのエラーの強調表示

b.工程間のつながり、オーダとオーダとの紐づけ表示

c.表示色・表示文字列・データチップ文字列のカスタマイズ

メニュー・ツールボタンカスタマイズ

A.メニュー・ツールボタンは自由にカスタマイズ可能

(2)製造BOMウィンドウ

マスタの作成とメンテナンスは運用の大きな関門。用途に応じた2つの高機能ウィンドウを用意!

製造BOMウィンドウ

主な機能:スプレッドシート版

・スプレッドシートでの表示、Excel®と同じ操作性で編集が可能

・クリップボードを介してのExcel®からのコピー、Excel®へのコピーが可能

・検索・置換・オートフィル・元に戻す/やり直し機能付き

・エラーチェック機能(記入ミスがある箇所の背景色が変わります。)

主な機能 :グラフィカル版

・マスタをグラフィカル表示

・新規マスタの登録、工程のつながりの確認

※Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

製品の導入効果

(1)受注から購買までをスケジューリング

受注から購買までを一気にスケジューリング。受注から製造、購買までを完全にひも付けたスケジュールを作成します。これにより、真のリードタイム短縮が可能となり、さらに、製品在庫・購買品在庫削減も実現します。

(2)長期スケジューリング

有限能力ラフスケジューリング(FCR)の手法を用いて、年間販売計画や3ヶ月内示オーダから生成した製造オーダを入力し、長期スケジューリングを実現します。

◆有限能力ラフスケジューリング (FCR)

設備や人員負荷を考慮した有限能力のタイムバケットのないMRP。固定リードタイムによる計算に比べて、より高い精度の購買計画や設備・人員の負荷計画が可能。

◆長期負荷チェック

FCRの結果から、設備や人員の負荷の状態をチェックし、作業員の必要人数や残業、休出などの必要性を表示。

(3)長期・中期・短期の混合スケジューリング

長期・中期はラフに、短期は詳細にスケジュールして、それらをひとつのガントチャートに表示します。

Asprova APS 構成例

・排他制御かつリアルタイムのデータ連携を行う場合

Asprova APS構成例

Asprova APS パッケージ

・NLS(Network License Server): ライセンス同時使用数管理

・DS(Data Server): 計画データ一元管理

・APS(Advanced Planning and Scheduling): 詳細スケジューリング

・MES(Manufacturing Execution System): 計画閲覧

・BOM(Biill of Material): マスタ編集管理

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。