本文へジャンプ

特長

Asprovaは生産現場の業務に適応し、汎用生産スケジューラにより様々な側面からスケジュールを確認できます。各種チャート、グラフにより詳細なスケジュールを見える化し、生産管理システムやMESなど周辺システムとの連携も可能です。サプライチェーン全体のスケジュールの作成、可視化、全体最適化を支援します。

Asprovaの特長

AsprovaのPDCAサイクル

企業利益の創出は、PDCAサイクルのPlanからはじまります。BS,PL,CF(キャッシュフロー)を向上にするには、PDCAを短サイクルで回すことが必要です。Doに関してはERPの導入が盛んですが、 いくらDoを行っても、BS,PL,CFはあまり向上しません。BS,PL,CFを向上させるキーポイントは適切なPlanを立ててからDoを行うことです。

AsprovaはPDCAサイクルの中で計画立案、および予実に関する分析・評価、改善に貢献します。適切な計画を立てることによりリードタイム短縮、情報の可視化を実現し、欠品を抑えながら売上増大コスト・在庫を同時に低減します。

AsprovaのPDCAサイクル



Asprova+東芝のサポート

サポート内容
  • Asprova有資格者(APT認定者)による運用案の検討や実装時の設定レポートを作成します。
  • プロトタイプを構築し、システム要件の実現イメージを見える化することで、早期立ち上げが可能です。
  • 周辺システムとの連携も視野に入れ、全体最適化システムの構築をサポートします

導入スケジュール例

東芝のサポート




Asprova+東芝のMESソリューション


Asprovaにて立案した生産計画を東芝のMESソリューションLotViewerMeister MESの工程進捗管理に連携させることで、納期の遵守とスループットの最大化を実現します。


Asprova APS(Advanced Planning & Scheduling)の特長

工場単位の詳細生産スケジュール(長期・中期・短期)を作成

生産イラスト

資材所要量展開(MRP)は、無限能力・固定リードタイムで計画を立案するのに対し、生産スケジューラ「Asprova APS」は、有限能力・可変リードタイムで計画を立案します。需給量の変化や、設備能力や種々の製造制約に対応した計画を立案するには、生産スケジューラが必須です。


生産スケジューラ比較

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。