本文へジャンプ

特長

データモデル、機能部品、画面を装備

部品管理機能・BOM管理機能・ドキュメント管理機能などの「製品情報管理機能」とユーザ管理・セッション管理・ワークフローなどの「システム情報制御機能」に対するデータモデル・機能部品・画面部品を装備。業務に最適なPLMシステムを、高品質・低コスト・短期間で構築することができます。

機能

図:「Meister PLM™機能」

グローバルスタンダードなオープン技術を採用

最新のグローバルスタンダードな技術を利用した開発フレームワークにより、変化に柔軟に対応でき、データ・機能の変更・拡張にも容易に対応できます。また、関連するシステムとの連携性に優れています。

システム構成図

図:「製品概要」

※注意
イメージ拡大はJavaScriptを使用してます。お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合
もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

変化に柔軟に対応できるアーキテクチャ

  • オープンで柔軟なサービス・APIを基盤とし、機能追加・変更による影響を最小限に抑え、稼動後の機能拡張・改造・バージョンアップに柔軟に対応
  • APLサーバプロセス、RMIサービスプロセス、DBサーバなど複数配置でき、企業規模やシステム構成に合わせた拡張性、信頼性、柔軟性の高いシステムを構築
  • ユーザインターフェースをお客様で開発し、サービス・APIを東芝デジタルソリューションズ株式会社で開発する等の並行開発が可能

RMI:Remote Method Invocation(Javaオブジェクトのメソッドを呼び出すための通信手段)

API:Application Program Interface(プログラム上の手続きを定めた規約の集合)

運用を含めた全体コストを削減

  • パッケージを使いこなすことにコストをかけるのではなく、「真に効果が出る」、「企業の強みを活かす」画面・機能・データモデル、インタフェースなどの構築に注力することが可能
  • 運用を含めたシステム維持・メンテナンスコストを削減

Meister PLM™の特長

次世代ものづくりソリューショントップへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。