東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

公共工事費積算システム

システムの構成

お客様のニーズ・環境に合わせた構成が可能です。

クライアントサーバ型(C/S)

サーバに積算用データ、クライアントにプログラムを保有します。

  • システム利用時
    サーバのデータを参照しクライアントで処理
  • 積算基準・単価改定時
    サーバのデータを更新
    プログラムは、各クライアントに対しオンラインで自動更新

「事務所・出先などの拠点数の多い」お客様あるいは「クライアント数の多い」お客様に適した構成です。

クライアントサーバ型(C/S)の図

サーバメンテナンス型(スタンドアロン)

クライアントに積算用データとプログラムを保有します。

  • システム利用時
    クライアント単体で処理完結
  • 積算基準・単価改定時
    サーバから自動的にダウンロードを実施
    (システム管理者によるプログラム・データの一元管理)

「クライアント数の少ない」お客様に適した構成です。

サーバメンテナンス型(スタンドアロン)の図

サーバプログラムのクライアントロード型

サーバ上に保有するプログラムを積算システム起動毎にクライアントにロードし処理します。

  • システム利用時
    積算システム起動時にサーバよりクライアントへ
    プログラムをロードし、サーバのデータを参照して処理
  • 積算基準・単価改定時
    サーバのデータを更新

「クライアント管理を簡素化したい」お客様に適した構成です。
特に「クライアント数の多い」お客様に最適です。

サーバプログラムのクライアントロード型の図

システム利用環境

サーバ環境 クライアント環境
  • OS
    Windows 2000 Server 〜
    Solaris 8〜
  • CPU
    Pentium III 750MHz以上(推奨:1GHz以上)
    UltraSPARC II 360MHz以上(推奨:400MHz以上)
  • メモリ
    256MB以上(推奨:512MB 以上)
  • データベースシステム
    Oracle9i Standard Edition
    SQL Server
  • 推奨機種
    MAGNIA シリーズ
    AS/UX シリーズ
  • OS
    Windows95
    Windows 98/98SE
    Windows2000
    Windows XP
    Windows NT4.0 Workstation
  • CPU
    Pentium 200MHz 以上
  • メモリ
    128MB 以上(推奨:256MB 以上)
  • 推奨機種
    dynabook シリーズ
    EQUIUM シリーズ
このページのトップへ
Copyright