本文へジャンプ

官公庁向け
ITサービスマネジメント


ISO/IEC 20000-1の認証取得実績で、
より安心・安全な運用・保守をご提供いたします。

新規格となる『ISO/IEC 20000-1 2018版』に対応

中央官庁、地方自治体、およびその関連団体に向けたシステム運用・保守に関するITサービスを、 「ISO/IEC 20000-1」(※)に基づいたマネジメントシステムにより、お客様に安心・安全な運用・保守サービスとして提供します。

(※)「ISO/IEC 20000」は、ITサービスマネジメントシステム(ITSMS)に関する国際規格です。 組織が提供するITサービスの内容やリスクを明確にし、サービスの継続的な管理、高い効率性、 継続的改善を実現するための枠組みを示しています。

ISO_IEC20000 JQA-IT005

JQA-IT005

特長

PDCAモデルによるプロセスアプローチの実践

pdca


ICTソリューション事業部 官公ビジネスユニットのITサービスは、全体的なマネジメントとして、 SMS(サービスマネジメント・システム)のPDCAサイクルに基づいた ITサービスマネジメント・サービスメニューにより、 長年培ってきたQMS、ISMS等他のマネジメントシステムの実績も活かしつつ、お客様の要求に合ったサービスを提供します。
東芝デジタルソリューションズ株式会社の持つ豊富な製品とサービスの最適な組み合わせにより、設計、構築、移行、運用、保守まで、 お客様のライフサイクル全般を通してご提案し、社会インフラ・行政サービス・市民の生活を支えています。

サービスマネジメント方針

人間尊重を基本とする経営理念に則って、関連する法令を遵守するとともに顧客第一に徹し、 お客様に満足していただける高品質で安全、かつ機能を先取りした商品およびサービスを提供し、 社会に貢献することを目指します。



1

サービスマネジメント計画の立案

提供するサービスがお客様の事業の目標達成に寄与するよう、顧客ニーズを把握し、 サービスマネジメント計画と目的を定め、その達成に努めます。

2

サービス提供における社会的責任

サービス提供に際し、関連する法令等を遵守し、良質なサービスの提供に努めることで、当社の社会的責任を果たします。

3

サービス品質の継続的改善

サービスマネジメント計画で定めた項目の実施状況や、お客様の満足度に関する情報、内外のサービスに関する情報などを分析し、 サービスマネジメントシステム及びサービス品質の継続的な改善に努めます。

サービスメニュー体系

シーンに合わせたサービスをご用意

当社では、プロジェクトごとのマネジメントとして、 お客様の「計画」に基づき、「設計及び開発」「移行」「運用及び改善」のシーンに合わせたサービスをご用意しています。

サービスメニュー体系図

サービスメニューの詳細はこちら

導入事例

中央官庁

中央官庁殿向け最適化ネットワーク

国が推進した最適化計画の流れに沿ったネットワークを提供。安定したネットワークを提供するために 保守面では十分な体制、手順を確立、サービス品質の維持改善に努めると共に、24時間365日のヘルプデスク業務を提供しています。
一方、運用面としては運用設計、ポータルサイトへの情報掲載、各種の運用・保守支援ツールを用いて客先担当者の負荷を軽減し、 効率化を行うと共に、ネットワークを構成する回線・機器を維持するための業務を実施しています。



地方自治体

情報システム運用管理支援

システム業務が円滑に遂行出来るよう、メンテナンス作業、機器管理作業、障害対応、 コールセンタ等の運用支援を実施しています。
システム利用者に対して原則24時間、365日のサービス提供を行うため、 異常の早期発見 及び迅速な復旧対応に努めるとともに、各種データ分析による障害の予防措置を行い、 安定したシステム運用を実現しています。

別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

このページのトップへ