本文へジャンプ

イベント情報詳細

セミナー

【WEBセミナー(ライブ配信)開催】

プラントや施設をサイバー攻撃から守る!
制御システムセキュリティセミナー Part2

従来、重要インフラや工業プラントなどの制御システムは、外部ネットワークと接続されない、閉じた環境で運用されていました。しかしデジタルトランスフォーメーションが進む現在は、制御システムもデータ活用・見える化などを行うためインターネットに接続されており、ICTと同様にセキュリティ脅威にさらされています。

今回のセミナーでは、このようなセキュリティの課題解決を支援する 「脅威の見える化」 ソリューションにフォーカスし、開発企業によるグローバルでの適用例やユースケースも交えて解説します。

「脅威の見える化」の導入に興味をお持ちの方、新たにセキュリティ対策の検討をされる方など、是非ご参加をお待ちしております。

※本セミナーは、2020年8月26日に開催した「Part1」と異なり、CyberXの機能と事例を中心に講演を行います。「Part1」の参加に関わらず、ふるってご参加ください。

開催概要

別ウィンドウで開きますをクリックすると別ウインドウで開きます。

主催
東芝デジタルソリューションズ株式会社
開催日時
2020年9月16日(水)
15:00~16:00
会場
Webセミナー(ライブ配信・一部ビデオにて視聴いただきます)
※本セミナーは「Zoom」を利用して開催いたします。
※インターネット環境があれば、自宅、オフィスからでもご参加いただけます。
参加費
無料
定員
40名(事前登録制)
お申し込み
  • 2020年9月16日(水)15:00~16:10(終了)

プログラム(9月16日)

15:00~15:40

制御システム向けサイバーセキュリティプラットフォーム CyberX Platform


CyberX
Lior Derry
Head of OT/IoT Security Sales, APAC

Lior Derry,Head of OT/IoT security sales, APAC



CyberX
Yossi Tarnopolsky
IoT Security Channel Technical Lead


Yossi Tarnopolsky,IoT Security Channel Technical Lead


今日、制御(OT)システムもITネットワークと連携しており、サイバー攻撃のリスクが増大しています。そのため、IT/OTを統合したサイバーセキュリティのモニタリング・ガバナンスが重要課題になっています。CyberXはこの課題に対応するソリューションとして開発され、制御システムセキュリティの最前線で活用されています。本セッションでは、海外導入事例の紹介を中心にCyberX製品の最新情報をご説明いたします。


15:40~15:55

構築経験を踏まえた CyberX Platform導入のポイント

東芝デジタルソリューションズ株式会社
ICTソリューション事業部
電力&次世代EAMソリューション技術部
マネージャー 小原 宏智

制御セキュリティソリューションであるCyberX Platformは、脅威のリアルタイム検出や、資産及び脆弱性の可視化(見える化)を実現できます。本セッションでは、弊社の構築経験をもとにCyberX Platformを導入する際に注意すべきポイントについて、ご紹介いたします。

東芝デジタルソリューションズ株式会社 ICTソリューション事業部 電力&次世代EAMソリューション技術部 マネージャー 小原 宏智

15:55~16:00

Q&A

※内容は都合により変更させていただく場合があります。予めご了承下さい。

※同業他社様からのお申し込みはお断りする場合がございます。 

お問い合わせ

東芝デジタルソリューションズ株式会社
ICTソリューション事業部
E-Mail:tdsl-CyberX-sales@ml.toshiba.co.jp