本文へジャンプ

イベント情報詳細

セミナー

CASE時代の車載ソフトウェア開発を支える技術セミナー

~ セキュリティ・デジタル試作の新技術をご紹介 ~

近年、車載機器開発においても開発量増大、高齢化、人手不足が深刻化しつつあります。
また、IoT機器の接続におけるセキュリティも製品開発おける重要な課題となっております。

この度、これらのお客様の課題解決をテーマとした組込み領域のセミナーを企画いたしました。
時節柄ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、是非ともご出席を賜りますようお願い申し上げます。

開催概要

別ウィンドウで開きますをクリックすると別ウインドウで開きます。

主催
東芝デジタルソリューションズ株式会社
開催日時
2020年1月10日(金)
14:00~16:40 (13:30受付開始)
会場
東芝スマートコミュニティセンター 422会議室
(神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34) 会場案内図 別ウィンドウで開きます  
  • JR東海道線、南武線、京浜東北線 川崎駅 徒歩1分
  • 京浜急行線 京急川崎駅 徒歩5分
参加費
無料
定員
30名
※今回のセミナーは日本居住のお客様を対象としております。ご了承ください。
参加方法
事前登録制
お申し込み

お申し込みいただく前に必ずお読みください。

プログラム

14:00~14:05

ご挨拶

14:05~14:50

ハードウェアレベルのセキュリティ保護強度をソフトウェアで実現
高速・軽量なセキュリティープラットフォーム

株式会社東芝 研究開発センター
主任研究員 鬼頭 利之

近年、コネクティッドカーの増加によりOTA、緊急通報、リモートセキュリティといったサービスが広がり、車載システムが外部からアクセスされる機会が増加し、セキュリティが重要となってきている。そのため、ECUにおいても通信データの改ざん、ソフトの改ざんといった脅威への対策のため、セキュリティ対策を組込む必要があります。
今回は、組込みシステムにおいて重要な処理やデータを保護するためのセキュアプラットフォームソフトウェアをご紹介します。

14:50~15:00

休憩

15:00~15:30

既存ソフトウェア資産の構造を可視化し派生開発における課題を解決!
東芝独自の診断解析ツールを用いたワンストップエンジニアリングサービス

東芝デジタルソリューションズ株式会社
オートモーティブ&インダストリーソリューション技術部
主幹 岩橋 悟

派生開発の妨げとなるソフトウェアの課題や問題点をソースコードから可視化し、製品開発の目的に応じて、ソースコードの正規化、アーキテクチャの改善提案、アルゴリズムの再構築や実装から検証までのエンジニアリングサービスをワンストップにて提供するリファクタリングサービスについてご紹介します。

15:30~15:40

休憩

15:40~16:10

サイバー空間でのモデル連成テストとは!
企業の枠を超えてデジタル試作を実現するシミュレーションプラットフォーム

東芝デジタルソリューションズ株式会社
オートモーティブ&インダストリーソリューション技術部
参事 高橋 克実

開発工程のフロントロード、手戻り低減、自動テストなど、車載制御の開発に大きな貢献をもたらすMBDですが、多くの車載部品を相互連携して機能を実現する近年の自動車においては、複数部品のモデル接続ニーズが高まり、別の課題が浮上しています。
弊社はCPS企業として、MBDを車載制御開発のデジタルツインと考え、ネットワーク上に「分散」配置したモデルやシミュレータを「連成」するシミュレーションプラットフォームを提供します。

16:10~16:40

質疑応答・個別相談

※内容は都合により変更させていただく場合があります。予めご了承下さい。

※同業他社様からのお申し込みはお断りする場合がございます。

※今回のセミナーは日本居住のお客様を対象としております。ご了承ください。

※定員になり次第締め切りとさせていただきます。

お問い合わせ

東芝デジタルソリューションズ株式会社
ICTソリューション事業部
ICTマーケティング推進部
担当:松田
TEL:044-331-1110
E-Mail:INS-es-sales@ml.toshiba.co.jp