本文へジャンプ

CSR

Corporate Social Responsibility

エンゲージメントセミナー 「時代に求められるエンゲージメント」

2019年11月21日(木)

 2019年11月21日(木)に、東芝グループ向けセミナー「時代に求められるエンゲージメント ~あなたのマネージメント、自信ありますか?~」を川崎本社ビルで開催しました。

 働き方改革の真の目的は生産性向上であり、そのためには従業員のエンゲージメントが重要であると世界的に注目が集まっています。 本セミナーでは、エンゲージメントを可視化し、組織改善のPDCAサイクルを回すことができる組織改善クラウド「モチベーションクラウド」を提供している、株式会社リンクアンドモチベーション 取締役 川内 正直氏をお招きし、マネージメントに求められるエンゲージメントの重要性についてご講演いただきました。
 また、モチベーションクラウドを導入し、エンゲージメント向上の成果を上げられている日本電気株式会社 プラットフォームソリューション事業部メンバーと当社で「モチベーションクラウド」をパイロット導入しているメンバーを交えたパネルディスカッションも行いました。

 川内氏は、モチベーションエンジニアリング、企業経営にとって「人材マネージメント」が重要になる背景や、企業・経営における新たな指標であるエンゲージメントスコア(エンゲージメントを偏差値化したもの)について、組織人事コンサルタントとしての経験をもとにわかりやすく説明されました。
 講演の中では、聴講者全員参加で各自のモチベーション特性を探るエクササイズが実施され、特性に合った人材マネージメントが必要であることを実感できる場面もありました。エンゲージメント、つまり企業と従業員の相互理解・相思相愛度合いは数値化することで次の打ち手がわかります。今、組織創りにエンゲージメントが重要であることへの理解を深めることができる講演でした。

  • 株式会社リンクアンドモチベーション 川内氏 株式会社リンクアンドモチベーション 川内氏
  • エクササイズに参加する聴講者 エクササイズに参加する聴講者

 パネルディスカッションでは、冒頭、日本電気株式会社様での取り組み事例や当社のプロジェクトが紹介されました。
 後半は、日本電気株式会社様と当社メンバーで、エンゲージメント向上の取り組みを行う上で感じた苦労や取り組みを始めて生まれた変化、実際にどんな施策を行ったのかなど、本音ベースでのディスカッションが行われました。

  • パネルディスカッションメンバー パネルディスカッションメンバー

 会場との質疑応答も活発に行われ、エンゲージメントやモチベーションに対する関心の高さを感じるセミナーとなりました。
当社は、これからも様々なエンゲージメント向上の取り組みを通じて、働き方改革に取り組んでいきます。

●関連情報はこちら
CSR-人権・労働慣行
https://www.toshiba-sol.co.jp/company/csr/labor/index_j.htm

※モチベーションエンジニアリング、モチベーションクラウドは、株式会社リンクアンドモチベーションの登録商標です。

別ウィンドウで開きます マークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。