本文へジャンプ

グループ展開に即した4つの特長

統一経理アセットは、東芝グループ各社の経理業務で、実際に運用されている統一経理システムをベースとすることで、以下の特長を備えています。

①グループ経理業務・システムの標準化、効率化を追求

  • 経営情報管理も考慮した、勘定科目体系や主要コードのグローバル統一
  • IFRS(International Financial Reporting Standards)、複数基準帳簿への対応
  • 非効率業務の簡素化や廃止、手作業の自動化やシステム化により効率化

②経理オペレーションから経営情報管理、連結会計の領域をカバー

  • 単体経理システム〜制度連結システムへの自動連携等、効率化を実現
  • 管理連結システムとして、製品/地域/事業、組織の3軸で、複数子会社を通貫した収益を、「スルー損益®」として見える化

③グローバルでのSSC運用に対応

  • 日本/中国/アジア/北米/欧州の地域別国別要件に対応した地域毎のSSC運用に対応
  • 日本語、英語のドキュメントを準備

④パッケージ標準機能をフル活用し、導入や運用コストを適正化

  • アドオン機能はグローバルで利用できる『標準機能』としての活用を意識、業務上必要なアドオン機能を絞込み
  • EBS/BIEE/経営情報管理/上流システム(販売管理、生産管理など)とのインタフェースアドオン群などを具備

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。