本文へジャンプ

教育管理・e-ラーニング Generalist®/LM

機能

管理者 向け機能

多様な管理体系を柔軟に実現

分社化・グループ再編など多様な組織形態に合わせた管理体系や、教育ごとに異なった管理体系を実現することができます。また、eラーニングだけでなく集合教育の受講結果もまとめて一元的に管理することができます。

受講者向け機能

受講者に対してスムーズな学習環境を提供

使いやすさ、分かりやすさを重視した機能は、複雑な操作を必要とすることなく、マニュアル無しで学習をはじめることができます。

教材作成者向け機能

簡易にeラーニング教材を作成する

オーサリングツールは、eラーニング教材を簡易に作成することができます。また、多様なテストやアンケートを作成することができます。

モバイルオプション

Generalist/LM モバイルオプションは、eラーニングをモバイル端末からの実施を可能にすることにより、「いつでも」「どこでも」学習可能な環境を提供します。

モバイルオプション画面

マルチブラウザ対応!

Generalist/LM モバイルオプションは、はAndroid・iOS双方のブラウザでご利用が可能です。

モバイルオプションの特長

Generalist/LMは、PC版環境とモバイル版環境を一つの環境で構築しております。その為教育主催者、受講者、管理者に対しそれぞれメリットがあります。

モバイルオプションの特長

教育主催者

教育主催者は一つの教育に対し「PC専用」、「モバイル専用」と、コンテンツを分けて準備する必要がないため、業務負荷が低減されます。

受講者

「PCで学習だけ行い、テストはモバイル端末で行う」というように、受講者は自由度を持った学習が可能になります。

管理者

履歴管理や進捗フォローをする際も、一元管理が可能なため、多忙な管理者の手間が増えることはありません。

幅広い活用シーン

Generalist/LM モバイルオプションは、様々な業種、また教育以外のシーンで活用することが可能です。

  • 業種毎に異なる教育の課題を解決
    企業が抱える教育に関する課題は、業種によって多種多様です。モバイルラーニングはそのような課題を解決し、効率的な教育を可能にします。

流通小売業・外食産業

店舗に一人一台のPCがなく、十分な教育が困難とされている業種では、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末での受講により、教育機会を増やすことができるため、幅広い教育の主催が可能となります。

製薬業(MR)

持ち出し用の媒体がPCからタブレットなどのモバイル端末に変わりつつあるMR業界では、新製品の把握など必要な学習を、手持ちのモバイル端末から学習することが可能となります。

  • 教育以外のビジネスシーンでの活用
    モバイルラーニングが活用される機会は教育以外にもあります。

作業マニュアルとして活用

システムインストール・設定など、分厚い紙のマニュアルの持ち込みが必要となる作業では、マニュアルをコンテンツ化させることにより、モバイル端末によるマニュアル参照が可能になります。

作業チェックリストして活用

保守点検業務など、チェックリストへの実施記録保持が必要な業務では、Generalist/LMのテスト機能を利用して、マニュアル用コンテンツに実施作業チェック用の項目を追加することにより、モバイル端末での作業チェックと、データベースでの一元した実施記録保持が可能になります。