本文へジャンプ

非金属介在物測定装置 METALSPECTOR®ⅡーC
(ASTM、JIS点算法他)

非金属介在物測定装置は、人が行っていた鋼サンプル中の非金属介在物の測定を、オートフォーカス付光学顕微鏡、X-Yステージ、カラーエリアセンサーカメラと画像処理装置により、自動的に行うシステムです。テストピースをセットしたサンプルホルダをX−Yステージにて所定の位置に移動し、画像入力を行います。入力画像を高速画像処理装置で処理し、ASTM(E−45法準拠)、JIS点算法(G−0555法準拠)、新清浄鋼測定法(極値統計法)での測定が可能です。

(JIS-ISO4967法、SAM法、DIN法)オプション

非金属介在物測定装置

特長

  • ①各種測定法に対応
    ・標準でASTM-A法、ASTM-D法、JIS点算法、極値統計法(最大介在物の推定)
    ・ユーザー独自の測定方法にも対応可能
    ・オプション:JIS-ISO4967法、SAM法、DIN法、介在物抽出法
  • ②目視と検査装置検査誤差を抑制
    ・過去データとの測定精度誤差±1.0級以内を実現
    ・SEMとの識別介在物の幅、長さの差異±0.25μm
    ※本装置のASTM-A法と熟練者の測定結果と比較
  • ③多彩な識別ロジック
    研磨傷、ごみ・サビ等を識別するロジック
  • ④自動測定を実現
    各種測定アルゴリズムとオートフォーカス機能を組合わせることで、従来の顕微教による目視測定との実働測定化を実現
    ASTM法で1サンプル約6分(参考:100倍定、測定面 160mm2の場合 )
    JIS点算法で1サンプル約2分(参考:200倍測定、60視野担当)
  • ⑤フレキシブル型サンプルにも対応
    自動で最大16個の測定サンプルの形状を識別し、測定領域を決定
  • ⑥カラー画像の特徴量を抽出
    独自のアルゴリズムでカラー特徴量(RGB、HLS)を抽出し介在物を識別
    カラー画像の特徴量を抽出
  • ⑦2重化構造介在物の識別
    硫化物介在物に内在する酸化物介在物を抽出し個別に識別
    2重化構造介在物の識別
  • ⑧測定生データを保存
    測定サンプルの全測定画像を保存することが可能
  • ⑨リモートメンテナンス(有料オプション)
    通信回線を利用したリモートメンテナンスが可能
  • ⑩自動測定による測定データの電子化
    人手による品質管理からデータによる定量的な品質管理へ

製造業向けナビサイトにリンク
MeisterMESページへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。