本文へジャンプ

フラットパネル外観検査装置 M7100P
(枚葉検査・カットシート検査)

フラットパネル外観検査装置は、液晶、枚葉シート状の製品(カットフィルム、基板、用紙等)の検査を行うシステムです。インラインまたはオフラインで生産される1枚1枚のシートを高速に検査することが可能です。シート製品特有のエッジ処理や複数の検査エリアの設定にも対応可能です。

フラットパネル外観検査装置

特長

  • ①微細欠陥から低コントラスト欠陥まで同時検出
    シート製品のピンホールや、異物などの微細欠陥と従来の技術では検出困難であった低コントラストの薄汚れ、ムラ等を同時に検出することが可能
    【欠陥例】薄汚れ、穴、しわ、ストリーク、異物、フィッシュアイ、凹凸欠陥、汚れ、傷等
  • ②傾き補正可能
    製品の搬送状況にあわせ検査エリアを自動補正
  • ③高速検査対応
    150枚/分の検査が可能。
    (条件:サイズ W500mm×L700mmの枚葉シートの場合)
  • ④検出が難しかったカラーフィルターのムラ欠陥を検出可能
    カラーフィルター製造工程で発生するピンムラ、スジムラ、塗り残しなどの欠陥を検出
    工程管理データから前工程へのすばやいフィードバック
  • ⑤銅張積層板の欠陥検出が可能
    銅張積層板特有の輝点(良品)を画像処理技術を用いて欠陥と区別することにより従来困難であった銅張積層板(CCL)欠陥検査が可能
  • ⑥リモートメンテナンス(有料オプション)
    通信通信回線を利用したリモートメンテナンスが可能

製造業向けナビサイトにリンク
MeisterMESページへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。