東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

MAGNIA 安心のプラットホームを最新のテクノロジーで

グローバルメニュー
MAGNIAトップページ > 技術情報 > Windows Server 2012 R2関連情報

技術情報

Windows Server® 2012 R2 関連情報

更新日:2017年12月13日

Microsoft® Windows Server® 2012 R2日本語版について

本ページでは東芝IAサーバー MAGNIAシリーズにてMicrosoft® Windows Server® 2012 R2に関する動作確認情報やご使用時の注意事項を掲載します。機種の追加やサポート機器の状況変化に応じて逐次追加していきます。

Windows Server® 2012 R2は、仮想化環境、記憶域、ネットワーキング等において、多くの新機能、及び、機能強化が行われ、クラウド向けに最適化された、マルチテナント対応のインフラストラクチャーの構築、展開が柔軟に行えるようになります。

マイクロソフト社 Webサイト http://www3.toshiba.co.jp/dmsn/magnia/tech/images/icn_arrow_tech.gif Microsoft® Windows Server® 2012 R2別ウインドウで開きます

Windows Server® 2016 ダウングレードについて

Windows Server® 2016のダウングレード権利に基づいて、Windows Server® 2012 R2を利用することができます。

詳しくは、以下の構成ガイドをご参照ください。

仮想サーバーにおけるWindows Server® 2012/2012 R2のライセンス認証について

仮想サーバーのライセンス認証は、MAGNIA本体のインストレーションガイドをご参照ください。

動作確認情報

Windows Server® 2012 R2の対応機種についてご説明します。また、Windows Server® 2012 R2を使用するにあたり適応が必要なモジュール、及び、注意事項をまとめましたのでお知らせします。

注意事項

弊社IAサーバー MAGNIAシリーズにてMicrosoft® Windows Server® 2012 R2を追加サポートしたモデルの動作確認の情報を記載しています。

Windows Server® 2012 R2 対応状況」に記載のMAGNIAシリーズにてMicrosoft® Windows Server® 2012 R2をご使用になる場合は、本サイトより対象サーバーのモジュール(インストール補足説明書を含む)をダウンロードし、インストール補足説明書をよく確認の上、ご使用ください。
なお、対応状況は2014年3月時点でMicrosoft® Windows Server® 2012 R2をサポートするモデルです。2014年度以降にリリースされるモデルでは、EXPRESSBUILDERでインストール可能です。(サポートキットのインストールは不要です。)

Windows Server® 2012 R2にアップグレード後、一部ご利用できなくなる機能がある場合があります。 Windows Server® 2012 R2 のすべての動作や機能に関して保証するものではありません。 ドライバー、ユーティリティの配布時期、当社サーバーにおけるWindows Server® 2012 R2の互換性および注意制限事項などの情報は、適宜公開する予定です。

Windows Server® 2012 R2 対応状況

機種名 ステータス サポートキット
Windows Server® 2012 R2 対応状況
MAGNIA R3520b 対応済 ダウンロード別ウインドウで開きます
MAGNIA R3510b
MAGNIA R1310c
MAGNIA T1340c
MAGNIA C1300c
MAGNIA R3320c 対応済 ダウンロード別ウインドウで開きます
MAGNIA R3310c
MAGNIA T3350c
SASコントローラー
TN8103-142T
対応済 ダウンロード別ウインドウで開きます

各サーバーのBIOS/BMCに関する変更はありません。そのまま、ご使用ください。

ユーティリティの対応状況

ユーティリティの対応
ソフト名 ステータス 対応内容
ESMPRO/ServerManager Ver.5.74 対応済 ダウンロード別ウインドウで開きます
ESMPRO/ServerAgent Ver.4.63 ダウンロード別ウインドウで開きます
装置情報収集ツール ダウンロード別ウインドウで開きます
ESMPRO/ServerAgent Extension Ver.2.03 変更なし 現行バージョンで
利用可能
BMC Configuration Tool Ver.1.34
Universal RAID Utility Ver.3.00

Windows Server® 2012 R2インストール手順

Windows Server® 2012 R2のインストール手順は以下のようになります。

  1. Windows Server® 2012 R2の手動インストールの実施
  2. サポートキットの適用
  3. インストール後、ユーティリティのインストールを実施
    • Universal RAID Utilityのインストール
    • ESMPRO/ServerAgentのインストール
    • 必要ならば下記のユーティリティもインストールを実施
      • - ESMPRO/ServerManagerのインストール
      • - BMC Configuration Tool
      • - ESMPRO/ServerAgent Extensionのインストール

サポートキットを使用したWindows Server® 2012 R2のインストール方法に関しては、サポートキットに同梱されていますインストール補足説明書に詳細に記載されています。Windows Server® 2012 R2のインストール開始前に確認してください。
また、各種ユーティリティ(ESMPRO/ServerManager、ServerAgent)のインストール手順書は、ダウンロードモジュールと同じサイトにあります。ダウンロードモジュールと合わせてインストール手順書をダウンロードし、各ユーティリティをインストールする前に確認してください。

Windows Server® 2012 R2をご利用になる場合の注意事項

  • ServerCoreからGUI使用サーバーへの切り替えや最小サーバーインターフェースへの切り替えについては、アプリケーションやドライバーに影響を与える可能性がありますので、ご使用は推奨していません。 インストール前にどのオプションでインストールするか十分検討願います。
  • Windows Server® 2012、Windows Server® 2008 R2、及び、Windows Server® 2008 x64 Editionからの上書きインストールはサポートしていません。必ず、Windows Server® 2012 R2を新規にインストールしてください。
  • RAIDコントローラを使用した環境ではハイバネーションやスタンバイをサポートしていません。ハイバネーションやスタンバイへ移行しないように設定してください。
  • LANカードのチーミング機能をご使用になるときは、Windows Server® 2012 R2にてサポートされた[NICチーミング]機能をご利用してください。「MAGNIA本体のインストレーションガイド」に詳細な注意事項が書かれていますので、Windows Server® 2012 R2インストール前にご確認ください。
  • 4KBセクターHDDをブートドライブとした場合にNTFS圧縮は利用できません。
  • インテル® 第7世代プロセッサーを搭載したサーバーにおいて、Windows Updateができなくなる場合があります。現象の詳細と回避策については、こちらをご参照ください。
このページのトップへ
Copyright