本文へジャンプ

時系列可視化フレームワーク

ポイント

  • ビッグデータのビジュアライズで「きづき」を引き出す。
  • センサーデータやビジネスデータを効果的に可視化

ビッグデータのビジュアライズで「きづき」を引き出す

ビッグデータ利活用フレームワークの一つである時系列可視化フレームワークは、センサーやビジネスの時系列データを可視化し、潜在的なチャンスやリスクを発見できます。

従来のBI/BAツールを扱うための専門的な知識がなくても、直感的なインターフェースで、誰でもすぐにデータ分析を始められます。

センサーデータやビジネスデータを効果的に可視化

時間とともに変化するデータを5つの軸(X軸、Y軸、色、円のサイズ、時間)によるアニメーションで視覚化します。各データの関係を可視化することで、今まで見えていなかったデータ間の関連を見出せます。

センサーデータやビジネスデータを効果的に可視化の図

データ種別の自動分類も可能

データを表示するだけでなく、データ種別を自動分類し、色分けして表示します。

時系列のデータ変化から、データ種別毎の傾向分析や、同種別の他のデータと比較して特異なデータの発見が可能です。

インタラクティブな統計演算

データを時単位、分単位などに集計したデータを作成しておくことで、過去1時間、1日など、一定の時間範囲のデータに対する統計演算の結果をリアルタイムに可視化します。

機能概要

機能 概要
透過バブルチャート 円の色、サイズ、透過性の調整が可能です。
円の重なりや疎密をビジュアライズできます。
軌跡表示 任意のデータの軌跡を描き、時系列のデータ変化を可視化します。
時系列アニメーション 時刻表示とともに、任意のスピードで再生します。
時系列アニメーション
ファイル作成
時系列のデータ変化をアニメーションファイルに保存できます。
効果的なプレゼンテーションを簡単に行うことが可能です。
データベース連携 データベースに蓄積した膨大なデータをリアルタイムに表示します。
自動分類 任意の時刻のデータを、任意の数のグループに自動で分類します。
時間単位変換 時間単位をインタラクティブに変更できます。

適用例

設備の故障分析のための可視化

設備のデバイスデータを収集し、ログ情報を可視化します。設備が故障に至る原因を分析できます。設備保守の計画策定や迅速な修理によるダウンタイムの削減、故障の予防対策が可能になります。

電力の消費動向を可視化

電力消費量のデータを可視化することで、電力の消費動向を把握できます。電力消費の効率化や、省エネルギー対策の推進に活用できます。

製品の品質向上

製品開発や製造プロセスの過程で発生するデータに適用することで、品質管理や製品性能を高めることができます。機能改善や新製品の開発を支援します。


関連製品/ソリューション
  • SPINEX

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。