本文へジャンプ

Performance Insights
- GridDB VS. Cassandra -

IoTではミリ秒単位でデータが発生し続け、今後データを発生させるデバイスも爆発的に増加していくことが予測されています。 この増え続けるデータを遅延なく処理することがデータベースの大きな課題となります。 スループットやレイテンシーといったデータベースの性能もさることながら、それを長時間稼働させてもパフォーマンスが変わらないことや、ノード拡張時にパフォーマンスも確実にスケールしていくことが重要です。

これらを実証するために、東芝はGridDBの「ベンチマーク」を実施しました。 公正な第3者の検証となるよう、優れたプログラミング技術とストレージ技術を持つソリューションカンパニー、フィクスターズ社にベンチマークを依頼しました。 ベンチマークは、No SQLやKVSなどのデータベースに特化したベンチマークで定評のあるYCSBで実施しました。 比較対象は代表的なKey-Value Storeの一つであり、拡張性と可用性が高いことが知られているCassandraです。 CassandraはFacebook社により開発されたデータベースであり、2008年にオープンソースとして公開され、現在はApacheのプロジェクトとなっています。 代表的なKey-Value Storeの一つであり、拡張性と可用性が高いことが知られています。

ベンチマークの結果、スループット、レイテンシーはもちろんのこと、拡張性や長時間運用においてもGridDBは圧倒的なパフォーマンスを見せました。

5種類すべてのシナリオでGridDBはCassandraを圧倒

32ノード (1ノードあたり400万レコード)でのワークロード A〜D, Fの結果比較

※画像が見えづらい場合はピンチインしてご覧ください。

3種類のシナリオでGridDBはCassandraを圧倒

32ノード (1ノードあたり1,200レコード)でのワークロード CのRead結果比較

※画像が見えづらい場合はピンチインしてご覧ください。

ノード追加によるスケーラビリティでGridDBはCassandraを圧倒

32ノード (1ノードあたり4,200レコード)での1億2,800万レコードの登録結果比較

※画像が見えづらい場合はピンチインしてご覧ください。

長時間運用してもGridDBはCassandraより性能劣化が少ない

8ノード (1ノードあたり1.2万レコード)でのワークロード Aの24時間連続処理結果比較

※画像が見えづらい場合はピンチインしてご覧ください。

ベンチマークについての詳しい情報はこちらからダウンロード可能です。

関連製品/ソリューション
  • SPINEX

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。

オープンソースデータベース GridDB別ウィンドウで開きます