本文へジャンプ

ニュースリリース

eラーニングクラウドサービスGeneralist®/LWに
「テレワーク関連講座」を3コース追加
~ 新型コロナウイルス感染症への対策で、テレワークを推進する企業を支援 ~

2020年6月12日

東芝デジタルソリューションズ株式会社

マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:島田 太郎、以下 当社)は、eラーニング クラウドサービス「Generalist®/LW」に、在宅勤務などのテレワークを実践的に活用するための「テレワーク関連講座(テレワーク時代の働き方/Web会議成功の秘訣/在宅社員を持つ管理者のあり方)」を追加し、販売を開始します。

 新型コロナウイルス感染症への対策で在宅勤務などのテレワークを推進する企業が急増しており、今後テレワークは世界中で新たな働き方として常態化していくことが予想されます。このような中で、テレワークを導入する企業においては、ルールづくりやICT環境の整備とともに、テレワークを活用するための社員や管理職のスキルやマインド醸成もテレワークの成功を実現するうえで重要になります。例えば、Web会議で参加者が活発に議論し、今まで以上に成果を出すためには従来型のコミュニケーションとは異なる配慮も必要になります。

 当社では3月以降に無償提供してまいりました「テレワーク導入の基本」講座、「テレワークに欠かせないICT環境の基礎知識」講座注1に多数のお申込みをいただきご利用いただいています。これらの講座に加え、テレワークの実践的な活用を支援する、以下のeラーニングコンテンツ3コースの販売を開始します。

●テレワーク時代の働き方
テレワークを導入した仕事の進め方、コミュニケーション方法など
●Web会議成功の秘訣
コミュニケーションツールの活用方法、会議進行のポイントなど
●在宅社員を持つ管理者のあり方
在宅社員の自律・自立を促す管理手法、チーム成果を高める支援など

 当社は今後も、eラーニング クラウドサービスを通して、お客さまの人材育成をサポートしてまいります。

Generalist®/LW 中小規模向けのeラーニングクラウドサービス

https://www.toshiba-sol.co.jp/business/gene_lw/lw_lp.htm

  • 注1 現在、無償提供している「テレワーク導入の基本」講座、「テレワークに欠かせないICT環境の基礎知識」講座は2020年6月末で無償提供を終了します。
  • *Generalistは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。

以上