本文へジャンプ

ニュースリリース

KDDI、IoTのグローバル展開をワンストップで支援する
「グローバルIoTパッケージ」を3月2日から提供開始 ~ IoT世界基盤初のパッケージサービスでスモールスタートを可能に ~

2020年3月2日

KDDI株式会社
東芝デジタルソリューションズ株式会社
株式会社ソラコム

別ウィンドウで開きます マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 KDDI株式会社(本社 :東京都千代田区、代表取締役社長 :髙橋 誠、以下 KDDI)は、IoTのグローバル展開を推進する企業に対し、データの収集から蓄積、見える化、活用までワンストップで提供する「グローバルIoTパッケージ」(以下 本サービス)を2020年3月2日から提供開始します。

サービス概要図

<サービス概要図>

 本サービスは、2018年6月に発表したIoT世界基盤注1として初となるパッケージサービスで、クラウド・通信回線・通信デバイスをワンストップで提供します。本サービスにおける、データ蓄積、見える化をスピーディーに実現するIoTクラウドサービスには、東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織 弘信、以下 東芝デジタルソリューションズ)の「Meister RemoteX™」のサービス構成を採用しています。また通信回線は、株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:玉川 憲、以下 ソラコム)のグローバルローミングSIMを提供します。

このページのトップへ

 本サービスは、拡張性の高いクラウドサービス、グローバルローミングサービスと電波法認証済み端末をセットで利用可能なことに加え、デバイス1台から利用することができます。これにより、グローバル展開を推進するお客さまのIoTを活用した迅速なビジネス変革を可能とします。

 KDDIグループは、今後も東芝デジタルソリューションズなどのパートナーとともに、IoT世界基盤を軸にお客さまのデジタルトランスフォーメーションを推進していきます。

<参考>
IoT世界基盤について
(URL: https://www.kddi.com/business/mobile/m2m-solution/iot-worldwide/ )(KDDI株式会社)

このページのトップへ

1.「グローバルIoTパッケージ」概要

KDDIは、パートナーとの協業で、クラウド、通信回線、通信デバイスをワンストップでお客さまへ提供します。本サービスは、東芝デジタルソリューションズおよびソラコムとの協業で実現し、IoTのグローバル展開を推進する企業向けに、データの収集から蓄積、見える化、活用までをパッケージサービスで提供するものです。

2.特長

(1)機能性の高いクラウドサービス

東芝デジタルソリューションズの設備メーカー向けアセットIoTクラウドサービス「Meister RemoteX™」のサービス構成を採用し、データの見える化やAPIを提供することにより、お客さまの既存システムとの連携や、収集データを活用したサービス・システムの開発も可能です。

クラウドサービス イメージ図

<クラウドサービス イメージ図>

 

(2)選べる2つのプラン

お客さまに合わせて「データ蓄積・API連携プランT」と、「データ蓄積・見える化プランT」の2つのプランを提供します。お客さまのニーズに応じて選択が可能です。

プラン イメージ図

<プラン イメージ図>

 

(3)グローバルに対応した通信ネットワークとデバイス

ソラコムのグローバルローミングSIMと電波関連法規認証取得済み端末注2のセット提供により、対象国でのスムーズな利用開始をサポートします。実証実験や少数の商用開始にも対応可能です。

 

3.本サービスに関する価格、お問い合せはこちら

https://biz.kddi.com/service/iot/global-iot-package/(KDDI株式会社)

<参考>各社の役割

KDDI:「グローバルIoTパッケージ」の提供
東芝デジタルソリューションズ:「Meister RemoteX™」の提供
ソラコム:グローバルローミングSIMの提供

  • 注1 IoT世界基盤は、企業のIoTビジネスのグローバル展開における課題を「データ蓄積・活用」、「グローバル通信のコネクティビティサービス」、「法規制・認証取得」という3つのサービスで解決し、お客さまのビジネス変革と事業拡大を強力にサポートするビジネスプラットフォームです。
  • 注2 電波法認証の取得によるサービス提供可能国はKDDIまでお問い合わせください。

以上