本文へジャンプ

ニュースリリース

ソースネクストのAI通訳機「POCKETALK®(ポケトーク)W」の日本語音声の新エンジンに東芝の「RECAIUS 音声合成ミドルウェア ToSpeak™」が採用

2018年12月27日

東芝デジタルソリューションズ株式会社

マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松田 憲幸)のAI通訳機「POCKETALK®(ポケトーク)W」の新たな日本語音声のエンジンとして、東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織 弘信)の「RECAIUS 音声合成ミドルウェア ToSpeak™」が採用されました。12月27日(木)より、ソースネクスト株式会社はアップデータの配信を開始します。

 ToSpeak™は、テキストから音声合成を生成する組込み機器用のソフトウェアライブラリ製品で、機械的な音声ではなく、自然な発話の合成音声を生成することが可能です。今回、この自然な発話を評価いただき、「POCKETALK® W」に採用されました。

 今後も当社は、「RECAIUS 音声合成ミドルウェア ToSpeak™」の機能強化を進め、さまざまなビジネスシーンへの活用を支援していきます。

このページのトップへ

図1 「POCKETALK(R) W」:(C) SOURCENEXT CORPORATION

図1 「POCKETALK® W」:© SOURCENEXT CORPORATION

ソースネクスト株式会社からの本件プレスリリース

https://sourcenext.co.jp/pr/

このページのトップへ

ソースネクスト株式会社のAI通訳機「POCKETALK®(ポケトーク) W」について

 「POCKETALK®(ポケトーク) W」は、世界74言語に対応した、手のひらサイズのAI通訳機です。話しかけるだけで通訳がいるかのように対話ができます。2.4インチの大きい画面に、タッチパネルを採用。世界109の国と地域で使える4G対応のグローバル通信機能を内蔵しているため面倒な設定は不要ですぐに使えます。言語数はインド英語やオーストラリア英語などのアクセントにも対応し74言語利用できます。
 製品プレスリリース https://sourcenext.co.jp/pressrelease_html/JS/2018/2018072601
 詳細URL https://pocketalk.jp/

東芝デジタルソリューションズの「RECAIUS 音声合成ミドルウェア ToSpeak™」について

 「RECAIUS 音声合成ミドルウェア ToSpeak™」は、東芝デジタルソリューションズ株式会社が開発・販売しているソフトウェアライブラリ製品です。音声を精密に表現可能な独自の特徴パラメータと統計的な学習に基づくパラメータ生成が特徴で、自然な音質の合成音声を作ることが可能です。音声によるコミュニケーションやアナウンスを必要とする機器やアプリケーションに組み入れて、さまざまな情報を声で自然にお知らせすることができます。
 詳細URL https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/recaius/lineup/tospeak.html

東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™ (リカイアス)」について

 音声や映像から人の意図を理解しビジネスと生活の安心・快適な活動をサポートするサービスです。東芝が長年にわたり研究開発してきた、音声認識、音声合成、音声対話、知識処理、画像認識、機械翻訳などのメディア知識処理技術(メディアインテリジェンス技術)を融合し体系化しました。RECAIUSは、新しいライフスタイルやビジネスの創出に貢献します。
 RECAIUS(リカイアス)ホームページ https://www.toshiba.co.jp/recaius/

  • *「POCKETALK W」:© SOURCENEXT CORPORATION
  • *RECAIUS、ToSpeakは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
  • *その他、本文章に記載されている社名および商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

以上