本文へジャンプ

ニュースリリース

東芝デジタルソリューションズグループと日本マイクロソフトがデジタルトランスフォーメーション推進において協業 Microsoft Azure を活用した「IoTスタンダードパック」の提供を開始

2018年8月30日

東芝デジタルソリューションズ株式会社
東芝デジタル&コンサルティング株式会社
日本マイクロソフト株式会社

マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信、以下 東芝デジタルソリューションズ)、東芝デジタル&コンサルティング株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:沖谷宜保、以下 東芝デジタル&コンサルティング)と、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野拓也、以下 日本マイクロソフト)は、製造業や社会インフラなど、さまざまなお客様のデジタルトランスフォーメーションの推進において協業し、クラウドプラットフォーム Microsoft Azure (以下Azure )を活用したソリューションの共同開発・販売、デジタルビジネス戦略に関するコンサルティングを実施していきます。

 東芝デジタルソリューションズは、東芝IoTアーキテクチャー「SPINEX(スパインエックス)」のもと、長年にわたり培ってきた”ものづくり”や産業現場の知見、およびIoTやAIなどの先端技術を結集し、デジタルトランスフォーメーションを実現するソリューションの提供を進めています。本協業により、Azure 上に、デジタルトランスフォーメーション関連ソリューションを実装・開発し、提供していきます。

 日本マイクロソフトは、迅速な Azure 上への実装・開発を実現するため、東芝デジタルソリューションズグループに対して、Azure エンジニアの育成支援・開発の技術支援を行います。既に延べ300人を超える同グループの技術者に対して、Azure 関連教育を実施しました。また日本マイクロソフトの法人営業部門が連携して、業種・業態に特化した付加価値を提案する販売支援を実施します。

 東芝デジタル&コンサルティングは、新たなデジタルビジネスにおいてコンサルティングによる事業創造/新しい価値創造からサービスオペレーションまでを一貫して提供します。お客様との成果共創型のデジタル事業の創出や、デジタルソリューション事業の拡大を目指し、東芝デジタルソリューションズと連携して、お客様のデジタルトランスフォーメーションを実現するAzure 上のソリューション・運用サービスを提供していきます。

このページのトップへ

 東芝デジタルソリューションズグループで開発したAzure を活用したソリューションは、東芝デジタルソリューションズグループのさまざまなビジネス領域のお客様への展開を予定しています。加えて日本マイクロソフトの法人のお客様へ向けても、日本マイクロソフトの営業部隊と連携し3社共同で幅広く営業、提案、コンサルティングを行います。

 本協業の第1弾として、東芝デジタルソリューションズのIoTを活用した産業機械・設備の見える化クラウドサービス「IoTスタンダードパック」をAzure に対応させ、本日提供を開始しました。「IoTスタンダードパック」は、東芝グループが産業機械や社会インフラの遠隔監視・保守で培ってきたノウハウを結集して開発した、機器や設備の稼働状況などの見える化と遠隔監視を実現するソリューションです。今回のAzure の活用により、監視対象の規模拡張に伴うスケーラビリティ性の向上や、導入期間・コストの大幅な削減、お客様ごとのアドオンアプリケーション開発やAzure 上のさまざまなアプリケーションとの連携を可能にし、お客様の要件に柔軟に対応したソリューションを提供します。

 3社は、今後も「食品・消費財業界向けCRMソリューション」、「eラーニングソリューション」を始め、各種ソリューションの Azure 上への開発・実装・販売を進めていきます。

このページのトップへ

  • *Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • *SPINEXは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
  • *その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

以上