本文へジャンプ

ニュースリリース

産業機械・設備の見える化・遠隔監視サービス「IoTスタンダードパック」機能・サービス拡張版の提供を開始 ~ Microsoft Azureの適用により拡張性・アドオン開発の容易性を向上 ~

2018年8月30日

東芝デジタルソリューションズ株式会社

マークの付いたリンクは別ウィンドウで開きます

 東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信、以下 当社)は、産業機械・設備の見える化・遠隔監視サービス「IoTスタンダードパック」に日本マイクロソフト株式会社のクラウドプラットフォームMicrosoft Azureを適用するとともに、お客様の要望に応じて選択可能なメニュー構成にした、機能・サービス拡張版の提供を本日より開始します。

 「IoTスタンダードパック」は、東芝IoTアーキテクチャーSPINEX™(スパインエックス)に基づくクラウドサービスです。東芝グループが長年にわたり培ってきた産業機械や社会インフラシステムの遠隔監視・保守の知見をもとに開発した、産業機械や工場、ビル、プラントなどの付帯設備の稼動状況などの見える化と遠隔監視を実現します。

 産業機械や設備の見える化・遠隔監視においては、対象機器や拠点の増加に伴う規模の拡張や、業務効率化や省人化といったお客様の個々の業務課題の解決に対するアプリケーション開発が求められます。また、産業機械や設備は多種多様であり、IoT化に求められる技術要件もさまざまです。

 今回、提供を開始する「IoTスタンダードパック」の新たな機能・サービスは、Microsoft Azureの適用により、スケーラビリティを確保し、スモールスタートから始めて規模の拡張を容易に行えるようにするほか、収集したデータを活用し、お客様ごとのアドオンアプリケーション開発やMicrosoft Azure上のさまざまなアプリケーションとの連携を可能にします。また、従来のオールインワンパッケージの提供形態から、必要な機能やサービスを選択・利用していただける商品メニュー構成に刷新するとともに、新たな機能・サービスを追加しました。産業機器・設備の稼働プロセスの状態を遠隔から監視できるようにしたプロセスフロー機能や、エッジソフトウェアの自動配布・バックアップ機能、お客様の要件に合わせたアプリケーション開発サービス、お客様自身で開発が行えるようにする開発支援ツールを提供することで、お客様の多様な要件に柔軟に対応し、運転業務や保全業務の効率化、省人化を強力に支援します。

このページのトップへ

「IoTスタンダードパック」機能・サービス拡張版の特長

  • 「Microsoft Azureの適用」による規模拡張、およびアドオンアプリケーション開発の容易性
  • Microsoft Azure上のさまざまな「アプリケーション連携」を実現
  • お客様の要望に応じて「必要な機能・サービスを選択可能」な商品メニュー構成
  • 産業機械や付帯設備の稼働プロセスの状態を可視化する「プロセスフロー機能」
  • エッジソフトウェアの「自動配布・バックアップ機能」
  • お客様のデバイスに合わせたエッジ・通信アプリやクラウドアプリの「開発サービス」を提供
  • お客様個別の利用条件を事前に検証する「検証サービス」や利用条件変更時の「再検証サービス」を提供
図1:「IoTスタンダードパック」プロセスフロー画面

図1:「IoTスタンダードパック」プロセスフロー画面

このページのトップへ

提供区分 機能
IoTクラウド基盤サービス
  • クラウド基盤、データ収集・蓄積
  • クラウド管理ツール、エッジ管理ツール、他
IoTエッジ基盤・エッジ基本アプリ
  • エッジ基盤、デバイス通信、エッジ基本処理、他
デバイス管理・保全情報管理サービス
  • デバイス管理データモデル
  • デバイス稼働状態・履歴表示(見える化)
  • 保全情報管理データモデル、他

表1:「IoTスタンダードパック」機能・サービス拡張版の主な商品メニュー

このページのトップへ

 当社は「IoTスタンダードパック」機能・サービス拡張版の提供により、今後も、産業機械や工場、ビル、プラントなどの付帯整備のIoT化により運転・保全業務の効率化、省人化を支援し、さらに、産業機械メーカー等の製造業のお客様によるエンドユーザーへの革新的なサービス提供の実現に向けて機能・サービスを拡張していきます。

  • *SPINEXは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
  • *その他、本文章に記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

以上