東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

ニュースリリースニュースリリース

東芝ソリューショングループ、石原良純氏を招き「環境フォーラム」を開催
〜 市民との環境コミュニケーション活動の一環として、約500名が参加 〜

2016年12月21日

  • 東芝ソリューション株式会社

 東芝ソリューション株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信 以下、東芝ソリューション)は、府中市、府中市環境保全活動センターのご後援をいただき、12月8日に府中グリーンプラザにて、東芝グループCSR月間行事として「環境フォーラム」を開催しました。

 今回で11回目となる本フォーラムには、約500名のご参加をいただき、環境について共に考えることができました。当日は、俳優・気象予報士の石原良純氏より『空を見よう 〜いま自分たちにできること〜』と題してご講演いただきました。
 講演では、子供の頃によく見ていた空のことが知りたくて気象予報士になったこと、ウェザー・キャスターを務めるようになって、正確な情報を分かりやすく伝えるとともに、空の楽しさを伝えようと取り組んでいること、また、地球温暖化・異常気象等を目のあたりにして私たちは何をすればいいのかなど、様々な想いも含め、幅広くお話しいただきました。
 講演後には、天気に関することわざや、日本と海外の温度差に関する質問に石原氏が応え、小学生から60代までの参加者が一体となり、盛況のうちに幕を閉じました。
 参加者アンケートでは、「色々な空の見方を教えていただいた」、「普段、気にかけていた幾つかのことが繋がった説得力のある話を聞けて良かった」、「天気予報だけに頼らず、自分の目や耳で体感することが大切だと感じた」などの感想をいただきました。

 東芝ソリューションは、府中市にソリューションセンターおよびプラットフォームセンターの2つの事業所があり、また、グループ全体で約4,000人の社員が府中市内でICTソリューション事業に従事しています。毎年、府中市で開催される環境関連行事に参加し、市民の方々と交流を深めています。本フォーラムは、東芝ソリューショングループの地域貢献の一環として、市民の方々と共に環境保護の重要性を考える場として、今後も継続していきたいと考えています。

 

毎年初夏に開催される「府中環境まつり」

▲このページのトップへ

 

受付の様子

様々な想いも含め、幅広く語る講師の石原良純氏

写真上:受付の様子

写真下:様々な想いも含め、幅広く語る講師の石原良純氏

▲このページのトップへ

以上

 

本件についてのお問い合わせ先

  • 東芝ソリューション株式会社
  • 経営企画部 広報担当:八木・小松原
  • 電話:044-331-1100
  • E-mail:PR@toshiba-sol.co.jp

ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ
Copyright