東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

ニュースリリースニュースリリース

東芝ソリューション、凸版印刷・相模原工場に「使用電力見える化 クラウドサービス」を導入
〜「解析機能」などを追加、使用電力削減への対策とPDCAサイクルを実施〜

2012年8月16日
  • 東芝ソリューション株式会社

 東芝ソリューション株式会社(本社 東京都港区、取締役社長:河井信三 以下、東芝ソリューション)は、「使用電力見える化クラウドサービス」を凸版印刷株式会社(本社 東京都台東区、代表取締役社長:金子眞吾 以下、凸版印刷)の相模原工場に導入し、稼働を開始したことを発表します。

 本サービスは、(株)東芝および東芝ソリューションが2011年5月に発表した「電力見える化クラウドサービス」に加え、(1)グラフ表示機能、(2)解析機能、(3)ユーザー支援機能の3点を追加しており、節電に向けたPDCAサイクルを回し、省エネへのさらなる対応が可能となります。
 凸版印刷・相模原工場では、2011年9月に「使用電力見える化クラウドサービス」導入を決定、2012年4月末に稼動を開始しました。凸版印刷・相模原工場では、本サービスを活用のため、300接点に電力量計や電力量センサー(端末・計測センサー)を設置。電力の使用制限のクリアだけでなく、リアルタイムに使用電力を把握することで、「使用電力量の削減」と「省エネ推進によるコスト最適化」を実現しています。

 本サービスでは設置した箇所ごとの使用電力量の一覧表示や電力デマンドグラフがWeb画面で表示されるため、必要な情報をリアルタイムで把握し、関係者の情報共有が可能となります。さらにデータの収集と管理により、電力の使用状況に応じた操業の最適化を実現しています。また、アラームやレポート、データ出力機能などにより、それぞれのセンサーの設置箇所の電力使用状況を把握することで、より的確な対策の実施で省エネへ繋げています。
 本サービスの特長は、解析支援機能と解析機能の追加により、グラフ表示機能でシングルトレンドグラフ、マルチグラフ、レーダーチャートなどでデータを表示し、その解析により各拠点の状況把握と各種計画の支援を実施、さらに継続的な省エネを推進するため、使用電力削減への対策としてPDCAサイクルを回すことで実現することにあります。

 なお、本サービスは、エコプロダクツ大賞推進協議会主催の第8回エコプロダクツ大賞(2011年開催)のエコサービス部門で「エコプロダクツ大賞特別賞(節電優秀賞)」を受賞しています。

 今後、東芝ソリューションは、本サービスの提供により、さまざまな企業や各施設の節電を支援し、省エネ社会とスマートコミュニティの実現に貢献して参ります。

▲このページのトップへ

 

【補足資料】 「使用電力見える化クラウドサービス」について

計測したいポイントに電力量計や電力量センサーを設置し、GW(ゲートウェイ)経由でクラウドDC(データセンター)にデータを送信、自動収集することで、リアルタイムでの企業全体での電力の使用状況の「見える化」を実現します。 また、オプションとして、解析支援機能があります。

複数拠点の電力使用の状況を一括管理することで、きめ細かく「見える化」し、全体の電力使用量削減の影響を最小限に抑える取組みを支援、さらに節電のPDCAサイクルを回す仕組みを作ります。

 

  • 【サービスにおける特長】
    • 詳細な(1〜15分、30分間隔)電力をリアルタイムで見える化
    • エグゼクティブ層(経営者)向けの見やすい画面と機能を装備
      例/現在状況(トレンドグラフ)、目標達成状況、計測点ごとの情報表示・管理情報設定など
    • 詳細な見える化により、需要抑制範囲の計画支援
    • クラウドサービスの利用による、短期間でのシステム導入(3ヶ月〜)
    • 実績のある監視システムをベースとしたサービスによる高品質で信頼あるサービスの提供
サービスにおける特長のイメージ
  • 【機能における特徴】
    • データの収集:電力量計(特高・高圧)向端末+建屋・フロア低圧分電盤向計測センサーを用意
    • データの管理:実績あるリモート監視システムでのフィールドデータ管理機能を活用
    • 統合見える化機能:全社(全事業所)や、事業所ごと、分電盤ごとなどの個別詳細表示
    • その他(詳細):
      (1)現在値表示 : 現在の施設全体、建屋毎、分電盤毎のカレント使用量の表示
      (2)グラフ表示 : 採取データを基に、日毎・月毎の電力使用量をトレンド表示
      (3)ランキング表示 : 施設毎、建屋毎、フロア毎、分電盤毎のランキングを表示
      (4)アラーム機能 : 目標値に対し、しきい値をオーバーした場合のアラーム通知 (画面のメッセージ表示、メールによる管理者への通知)
      (5)レポート機能 : 実績データを日月年毎にレポート出力
      (6)データ出力機能 : 各実績データをPCで再利用できるファイル形式に出力

▲このページのトップへ

使用電力見える化クラウドサービス
https://www.toshiba-sol.co.jp/sol/power_monitor/

 

お客様からのお問い合わせ先

  • 東芝ソリューション株式会社
  • 製造・産業・社会インフラソリューション事業部
  • 担当:村川
  • 電話:03-3457-4356

報道機関からのお問い合わせ先

ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ
Copyright