東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

ニュースリリースニュースリリース

東芝ソリューション、製造業向けERPソリューション事業を拡大
〜完全統合型ソリューションのラインアップ強化により
低コスト/短期導入が可能に〜

2009年9月8日
  • 東芝ソリューション株式会社

 東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:梶川茂司)は、製造業向け事業戦略 として、日本オラクル株式会社との協業により「Oracle E-Business Suite」を中心とした統合業務ソリューションを販売中ですが、このたび同社の「JD Edwards EnterpriseOne」(*1)をソリューションラインアップに加え、さらに幅広い層のお客様に対して、課題解決に向けたソリューション提供を開始します。

 国内製造業は昨年来の不況のあおりを受け、IT投資を大幅に抑制しながらも、さらなる事業の効率化、経営体質の強化に向けた取り組みを進めています。なかでも「グローバル対応」「グループ経営力の強化」を目指し、国内外グループ企業の基幹系システムを統合・集約することにで、正確かつ、リアルタイムな生産・販売・会計情報の可視化を求める企業が増えています。

 これまで東芝ソリューションでは、東芝グループを初めとした製造業のシステム構築で培った経験やノウハウを活かし、「統合型システム開発標準(ISDS)(*2)に基づく、安心・確実なシステム構築」、「自製ソリューションと・他社ソリューションとの連携」、「インフラを含めた全体最適システムの提供」により、製造業のお客様の課題解決に取り組んできました。

 今回提供開始する「JD Edwards EnterpriseOne」は海外でも豊富な導入実績をもち、サポートも万全であることからグローバルシステムの構築が可能です。また、標準装備された豊富な機能を利用することで短納期・低コストなシステム導入を実現します。なお、「Oracle E-Business Suite」と「JD Edwards EnterpriseOne」を連携させ、企業活動の規模に応じたハイブリッドな統合システム構築も可能です。

 東芝ソリューションは今後「JD Edwards EnterpriseOne」に、「東芝ソリューションテンプレート」の提供などの付加価値(*3)をつけ、さらにコスト削減・売上拡大・CSRなどの課題にも対応するソリューションを提案し、製造業向けERPソリューション事業体制を強化します。これにより、ERPソリューションについては3年間で60億円の販売を目標とします。

本ソリューションは、9月15日に弊社本社で開催する製造業向けERPセミナー「受注組立型(ATO)テンプレートのご紹介」でご案内します。

▲このページのトップへ

(*1)
JD Edwards EnterpriseOneについて
  • 30年以上の歴史と実績を持つERPパッケージです。すべてのデータ、すべてのプロセスをシングル・データベースに統合し、企業活動の状況をリアルタイムかつ正確に把握することが可能です。多数のグローバル企業で利用され、業種や製造工程が異なる海外工場、子会社も一元管理を実現します。また、今後、国際財務報告基準(IFRS)へも容易に対応していくことが可能です。通常ERPを導入する際には、機能単位で導入要員を必要としますが、JD Edwards EnterpriseOneでは、会計、生産といった業務単位の要員配置での導入が可能なため、総導入費を削減することができます。また、お客様の状況にあわせて、即効性の高い一括導入や、小さく導入して大きく育てるステップ・バイ・ステップ導入といった柔軟な選択も可能となります。さらに、製品には、長い開発の歴史の中での経験を活かし、業務に合わせた豊富な機能が予め含まれており、業務プロセスが変わったときに発生するシステムの手直しも、外部業者に全て依存することなく、お客様ご自身での対応も可能なため、導入後も企業環境の変化に対応するための期間や費用の大幅な削減を実現できます。
(*2)
ISDSについて
  • 東芝ソリューションの社内規格でIntegrated System Development Standardの略。
    SLCP-JCF98(ソフトウエアを中心としたシステム開発および取引のための共通フレーム)に準拠した統合型システム開発標準のこと。東芝ソリューションではシステムの設計、開発、移行、導入、保守などシステム構築の全てのフェーズにおいて的確なプロジェクト管理を行うための手法として本規格を開発部門対象に適用しています。
(*3)
東芝ソリューション独自の付加価値について
  • (1)「東芝ソリューションテンプレート」の提供
    東芝グループでの経験・ノウハウをもとに製造業で標準的なモデルを開発・テンプレート化し、「東芝ソリューションテンプレート」として提供します。これを利用することで、実装機能のイメージ化、全体工程の短縮などの効果をお客様に提供します。
    導入効果のある「東芝ソリューションテンプレート」や東芝ソリューション独自で開発した汎用性の高いアドオン機能を順次商品化していきます。これを利用することでお客様要件への対応が容易となり、さらに導入コストの削減と導入期間の短縮が可能となります。
    東芝ソリューションテンプレートでは、グローバル会計テンプレート、受注組立型(ATO)製造テンプレートをご用意しています。
  • (2)JDE標準導入方法論をベースとした東芝ソリューション独自の導入方法論
    社内外ERP導入実績に裏付けられた方法論・経験をベースに、ERPシステム化構想〜導入・構築〜定着までのトータルマネジメントの提供が可能です。
  • (3)グループ力を結集
    JDEを自社導入した経験と豊富なERPシステム開発力を持つ東芝情報システム株式会社、「Oracle E-Business Suite」エキスパートであるイー・ビー・ソリューションズ株式会社、さらにオラクル製品を含む各種プラットフォームを提供する当社プラットフォームソリューション事業部が製造業の業務プロセスを熟知している製造ソリューション事業部と連携することにより、ERPシステムの計画から導入・運用・定着までを支援します。
Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。

▲このページのトップへ

お客様からのお問い合わせ先

  • 東芝ソリューション株式会社
  • 製造ソリューション事業部
  • 担当:長島
  • 電話:042-340-6332

報道関係者からのお問い合わせ先

ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ
Copyright