東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

ニュースリリースニュースリリース

東芝ソリューション、国内製造業固有の機能をテンプレート化した
「モノづくりソリューションテンプレート」を順次販売開始
〜短期間で導入できるPLMや調達などの各種ソリューションを提供〜

2008年11月6日
  • 東芝ソリューション株式会社

 東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:梶川茂司)は、これまで製造業のお客様に導入してきたシステムから共通機能や導入手順を分析し、テンプレート化した「モノづくりソリューションテンプレート」を、11月より順次販売開始することを発表します。

 製造業における基幹システムの多くは、欧米のパッケージをベースに導入企業の個別要件をカスタマイズして導入しています。東芝ソリューションは、東芝グループを始めとする様々な製造業に導入してきた、PLM※1、ERP※2、CRM※3、調達などの基幹システムのカスタマイズ部分に着目し、共通化できる機能をテンプレート化しました。さらに、テンプレート群を含めたソリューションを短期間で導入できるメソドロジー(方法)の開発を行いました。

 例えば、設計・開発業務を中心に利用されているPLMソリューションの場合、国内製造業では、部品表編集機能、出図/配布機能、設計変更機能などで多くのカスタマイズが発生する傾向があります。そのカスタマイズ部分をさらに分析すると、「コンシューマ(消費者)向けの量産品を製造する企業」、「顧客の仕様に基づいて製品を設計製造する企業」で、その傾向が2グループに分類されます。本ソリューションでは、このグループ単位ごとにテンプレートを整備しました。

 また、従来のパッケージを使用したフィット&ギャップ※4型のシステム要件定義では、お客様の業務プロセスを個別に記述し、ソフトウェア機能とのマッピング(対応付け)を行う作業に、多くの工数が必要でした。
 本ソリューションでは、あらかじめテンプレート機能を組込んだ業務プロセスとソフトウェア機能をマッピングした「チェックシート」、さらに実機により機能を確認できる「プロトタイプモデル」をセットにしました。これにより、従来よりも短期間で仕様決定と導入評価をすることができ、開発完了後に仕様のくいちがいが発覚して多くの追加開発が発生することを極小化できます。

 東芝ソリューションは、「量産設計PLMソリューション」を11月に販売開始し、今後順次「受注設計PLMソリューション」、「電子入札・見積ソリューション」、「間接材調達ソリューション」、「経営情報モニタリングソリューション」などをリリース、3年間で60億円の販売を見込みます。

▲このページのトップへ

●モノづくりソリューションテンプレートの概要

モノづくりソリューションテンプレートの概要
※1
PLM(Product Lifecycle Management):製品ライフサイクル管理
※2
ERP(Enterprise Resource Planning): 統合業務パッケージ
※3
CRM(Customer Relationship Management):顧客関係管理
※4
フィット&ギャップ:導入企業のビジネスプロセスやシステム化要求とパッケージソフトウェアが提供する機能が、どれだけ適合(fit)し、どれだけズレ(gap)があるかを調査、分析、評価すること。
  • ●モノづくりソリューションテンプレートの構成
    • (1)ソリューションサマリ : 概要、適用分野、導入効果、導入の進め方の早分かり
    • (2)デモシナリオ : ソリューションの適用イメージ、機能の早分かり
    • (3)フィット&ギャップテンプレート : 適用プロセスと機能マッピング、適用率の早分かり
    • (4)導入プランテンプレート : 導入スケジュール、導入準備作業の早分かり

▲このページのトップへ

●モノづくりソリューションテンプレートの種類
(1)受注設計PLMソリューション
  • 装置業界のベストプラクティスをもとにしたソリューションテンプレート。
  • 過去製番を参照した日程・出図計画と製番管理の実現。
  • 製番に紐付いた変更管理の効率的な実現。
  • 業務プロセスのフロチャートからユースケースに対応した機能にブレークダウンする手順をテンプレート化。
(2)量産設計PLMソリューション
  • 東芝家電製造様の事例をもとにしたソリューションテンプレート。
  • 企画段階での目標コスト設定と、各フェーズでのコストシミュレーションの実現。
  • 各国の環境規制に準拠した情報収集と分析の実現。
  • 業務プロセスのフロチャートからユースケースに対応した機能にブレークダウンする手順をテンプレート化。
(3)設計技術伝承ソリューション
  • 電機業界のベストプラクティスをもとにしたソリューションテンプレート。
  • プロセステンプレートを活用した高精度のプロジェクト計画立案。
  • 業務着手、完了による進捗実績の自動反映と進捗状況の把握。
  • 過去の知識・経験に基く“製品開発ナレッジ”による効果的業務遂行。
  • 先人技術を蓄積した“業務ナビゲーション”による効果的業務遂行。
  • リソースの負荷状況把握による、リソースの最適配置。
  • 品質プロセスのタスク、リソース、スケジュール、成果物を定義する手順をテンプレート化。
(4)電子入札・見積ソリューション
  • 電機業界のベストプラクティスをもとにしたソリューションテンプレート。
  • インターネットを介して見積依頼〜見積回答〜評価の一連の業務をWebブラウザのみで利用できる電子見積システム。
  • 見積依頼に、技術検討用の図面などのドキュメント添付が可能。
  • 見積内訳機能により、見積金額に対する精査・比較機能を提供。
  • ユースケースに対応した機能にブレークダウンする手順とバイヤ、サプライヤの準備項目、教育シナリオをテンプレート化。
(5)間接材調達ソリューション
  • 電機業界のベストプラクティスをもとにしたソリューションテンプレート。
  • インターネットを介して、購買申請〜発注〜出荷〜検収の一連の業務をWebブラウザで利用できる間接材購買システム。
  • 都度見積機能によりカタログ以外の都度見積品の調達も可能。
  • ユースケースに対応した機能にブレークダウンする手順とバイヤ、サプライヤの準備項目、教育シナリオをテンプレート化。
(6)経営情報モニタリングソリューショ
  • 製造業のベストプラクティスをもとにしたソリューションテンプレート。
  • 経営情報を損益計算書/貸借対照表などの財務諸表として実績を照会。
  • 既存システムとの接続方法などの手順をテンプレート化。

 

本文中の製品名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

以上

お客様からのお問い合わせ先

  • 東芝ソリューション株式会社
  • 製造産業ソリューション事業部
  • 製造ソリューション第一部 須藤・甲斐
  • 電話:042-340-6653

報道関係者からのお問い合わせ先

  • 東芝ソリューション株式会社
  • 経営企画部 広報担当 伊東・竹内
  • 電話:03-3457-4112 e-mail:PR@toshiba-sol.co.jp

ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ
Copyright