東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

ニュースリリースニュースリリース

Web画面をダイレクトに翻訳できる「The翻訳サーバEnterprise Edition V4」の発売について
〜アプリケーション画面の各国語対応を容易にして業務のグローバル化を促進〜

2008年11月4日
  • 東芝ソリューション株式会社

 東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:梶川茂司)は、業務アプリケーションのWeb画面をそのまま翻訳できる機能を新たに開発し搭載したサーバ型翻訳ソフトウェア「The翻訳サーバEnterprise Edition V4」を本日より発売します。本商品は、英日/日英・中日/日中の翻訳を提供し、業務用Webアプリケーションを海外拠点からも使用する企業や、オフショア開発先との情報共有を行う企業など、業務用Webアプリケーションの画面を各国語で表示して活用することを検討している企業に向けて販売していきます。

 近年、業務のグローバル化を進めるため、国内拠点で使用している業務アプリケーションを海外拠点からも使用するニーズが高まっています。サーバ型翻訳ソフトウェアは、遠隔地からの翻訳も可能であるため、このような場面に効果的な製品です。しかし、従来のサーバ型翻訳ソフトウェアでは、業務アプリケーションが表示するメッセージのように、プルダウンメニューや選択ボタンに連動して変化する「動的なコンテンツ」が含まれた部分の翻訳が困難でした。
 当社が新たに開発した「Webダイレクト翻訳機能」では、Web画面の表示をそのまま翻訳するため*1、動的なコンテンツも翻訳でき、業務用Webアプリケーションの画面の各国語対応が容易に行えます。既存アプリケーションの変更は不要なため、運用中の業務用Webアプリケーションへの適用や、既製のWebアプリケーションパッケージの画面翻訳もできるようになりました。

 さらに、新商品は、「ダブル知識翻訳*2」をはじめとする翻訳知識や辞書の強化、「メールCF翻訳*3」などにより、英日/日英翻訳精度の向上を実現しています。また、中日/日中翻訳においても翻訳知識辞書の充実や、中国進出企業の多い化学分野の辞書やオフショア開発関連辞書の強化を行い、翻訳精度を向上しています。

 従来の「文書の翻訳」に加え「業務アプリケーション画面の翻訳」を可能にする商品として、本商品と既製の業務アプリケーションを組み合わせる新しいソリューションを提案していきます。


*1
アプリケーションの方式によっては翻訳できない場合もあります。
*2
「原文を解析する知識」と「訳文を生成する知識」を利用し、より自然な翻訳を行う技術。
*3
メールの文脈(Context)と書式情報(Format)を利用して翻訳する技術。

■本商品の価格(税込み)
商品名 価格(税込み)
The翻訳サーバ Enterprise Edition V4(英日/日英) 1,695,750円〜
The翻訳サーバ Enterprise Edition V4(中日/日中) 1,958,250円〜
The翻訳サーバ Enterprise Edition V4(英日/日英、中日/日中) 2,628,150円〜

 

お客様からのお問い合わせ先

  • The翻訳サポートセンタ
  • 電話:0120-1048-37 (注)  e-mail:honyaku@toshiba-sol.co.jp
  • (注)PHS、携帯の場合:03-5465-7290
  • サポートセンタ営業時間:10〜12/13〜17時(除く土日祝日、臨時休業日を除く)

報道関係者からのお問い合わせ先

  • 東芝ソリューション株式会社
  • 広報担当 伊東・竹内
  • 電話:03-3457-4112 e-mail:PR@toshiba-sol.co.jp

商品情報は「The翻訳サーバホームページ」でも提供しています。
http://mt-server.toshiba-sol.co.jp/

ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ
Copyright